壁掛け式暖房機|脱衣所や浴室のヒートショック対策に壁掛け式暖房機がおすすめ!

脱衣所や浴室でのヒートショック対策には壁掛け式暖房機がおすすめです。ヒートショックは急激な温度差による身体のダメージのことで、対策には部屋間の温度差を減らすことが重要です。壁掛け式暖房機は必要な時だけ素早く暖房することができます。ヒートショック対策を検討している方、寒い脱衣場や浴室での暖房を検討中の方へ紹介します。

目次

ヒートショックとは

ヒートショック

ヒートショックとは、急激な温度差によって身体にダメージを与えてしまうことです。

特に高齢者にはヒートショックによる負担が大きく、冬場の入浴などで心肺機能停止してしまう事故が多発しています。

ヒートショックは家の中で起こることが多く、その中でも冷え込みが大きい浴室や脱衣所、洗面所、トイレなどで極端な温度差が生じてしまいます。

冬場の浴室などは10℃以下まで冷え込むことも珍しくはなく、リビングの室温が20℃だった場合には温度差で10℃以上もあります。暖かい空間から急に冷え込んだ場所に移動した際にヒートショックが起きてしまうのです。

入浴

特に、入浴時のリスクが圧倒的に大きいそうです。暖かい部屋から寒い脱衣場に移動し、そのあと熱い浴槽に入り、そしてまた寒い脱衣場へ出るという過酷なヒートショックコースになってしまいます。入浴時のヒートショックリスクを減らすことが最も最優先すべき対策になります。

ヒートショックには対策が重要

脱衣場

ヒートショックを起こさないためには、部屋間の温度差を無くすことが最も重要となります。

『入浴前にお酒を飲まない』など、気を付けるべき対策は他にも複数ありますが、根本的な温度差を解消しない限り、ヒートショックのリスクは付きまといます。

そのために浴室や脱衣場などの室温を可能な限りリビングの室温に近づける必要があります。しかしながら、これらの場所すべての室温を上げておくことは現実的に難しいことです。電気代もかかりますし、人がいない時も空間を温め続けるのは無理があります。

寒い脱衣場に人が来た瞬間にすぐ暖かい空間が造れれば理想です。それが可能であれば、脱衣場で身体を暖めてならしてから熱いお湯に入浴するのでリスクを減らすことができます。

寒い場所に人が来た瞬間から暖かい空間をつくる、それができるのが壁掛け式の暖房機です。必要な時に必要なだけ身体を暖めることができるのも壁掛け式の魅力です。

壁掛け式電気暖房機とは

シーズヒーター

では、壁掛け式の電気暖房機ってどのようなものなのでしょうか。最近では家電量販店でも見かけることが多くなってきたので知っている人も多いかと思います。

簡単に紹介すると、遠赤外線タイプの電気ストーブを壁に取り付けたようなものです。通常の電気ストーブでは、下半身中心の暖房になりますが、壁に掛けることで心臓がある上半身を中心に暖めることが可能になります。ヒーターの輻射熱・遠赤外線によって暖めるタイプだけでなく、温風を吹き出すタイプもあるため、冷えた空間でも効率よく身体を暖めることができます。

壁掛け式暖房機のメリット

場所をとらない

脱衣場

壁掛け式の暖房機は場所を取りません。脱衣場のような狭い空間で一般的な電気ストーブを使用すると、どうしても邪魔になってしまいます。しかし、壁掛け式暖房機であれば壁に設置しているだけなので、動線の邪魔になりません。

さらに、一般的な床置きの電気ストーブの場合は、入浴後など水がかかる可能性がありますが、壁掛け式暖房機なら水がかかる心配もほとんどありません。

安全性が高い

安全第一

壁掛け式暖房機は一般的な床置きの電気ストーブに比べて安全性が高いです。

電気ストーブの使用上で注意しなければいけない点として、衣類が接触して起こる火災や誤って触れた際のやけどがあります。しかし、壁掛け式暖房機であれば、基本的に衣類が接触してしまうことはありませんし、誤って触れてしまうこともさほどありません。電気ストーブの大きなデメリットの一つを克服したのが壁掛け式暖房機です。

人感センサーで必要な時だけ

人感センサー

多くの壁掛け式暖房機は人感センサーを搭載しているため、入浴前と入浴後の人がいる時だけに限って暖房することも可能です。人がいない時に必要以上に暖め過ぎることがなく、電気代も抑えられます。

おすすめの壁掛け式電気暖房機

壁掛け式の電気暖房機は主に下記の2種類があります。

  • 温風タイプ
  • 遠赤外線タイプ

遠赤外線タイプについては温風機能も搭載しているモデルが多く、遠赤外線+温風によって運転開始からすぐに暖かさを全身で感じられます。それらのタイプ別におすすめの壁掛け式暖房機を紹介します。

温風タイプ

まずは温風タイプです。吹き出し口から温風を吹き出すことで素早い暖房が可能な壁掛け式電気暖房機です。温風を吹き出すので濡れたタオルやマットなどを乾燥することにも適しています。

山善 DFX-RK12

山善 壁掛け式電気ストーブ

壁掛け式暖房機の中で、トップクラスの低価格を誇る山善のセラミックヒーターです。通常価格でも1万円ですが、セール時は更に安く購入できるため、初めて壁掛け式暖房機を使用する人にもおすすめです。運転開始直後から大風量によって素早く暖めます。4つの設定温度から選ぶことができるタイプで、温度センサーにより設定温度に達すれば自動で停止、室温が下がれば自動で運転します。

ZEPEAL DWC-J120H

zepeal 壁掛け式電気ストーブ

面倒な工事が不要で簡単に取り付けできる脱衣所ヒーターです。ZEPEALとは、日本の電響社という電子機器の卸売業会社が出しているブランドで、生産は中国で行っているようです。操作パネルや表示は色鮮やかに表記されているため非常に見やすい印象を受けます。人感センサーを搭載していますので、人がいない場合には運転を止めることが可能です。必要以上の暖房をせずに済みますので、省エネで電気代も節約できます。

遠赤外線タイプ

一般的な電気ストーブのように、ヒーターの熱による遠赤外線・輻射熱によって身体をじんわり暖めます。さらに、同時に温風を吹き出すことが可能なモデルが多いため、遠赤外線+温風でよりスピーディーな暖房が可能です。

コロナ ウォールヒート

コロナ ウォールヒート

暖房器具で有名なコロナの壁掛け式暖房機『ウォールヒート』です。ヒーターの赤熱による輻射・遠赤外線に加えて、同時に温風を吹き出すことができます。人感センサーや過熱防止装置も搭載しており、安全性・省エネ性・快適性を備えた商品です。日本製だから安心できるというのも一つの魅力でもあります。

高須産業 涼風暖房機

高須産業 浴室暖房機
出典:amazon

高須産業が出している壁掛け式暖房機は、暖房時はグラファイトヒーターによる遠赤外線暖房で、夏場や暑い時は涼風を吹き出しますので扇風機代わりになります。このシリーズには、防水タイプもラインナップしていて、浴室にも設置できる点が非常に魅力的です。

まとめ

壁掛け式の暖房機はあまり馴染みが無い方も多いと思います。それは、設置に手間が掛かることや単に知られていないという理由で導入するケースが少ないのではないかと私は思います。

今住んでいる家では設置が厳しいという方でも、引越しや家を建てる際には検討してみることをおすすめします。

一度使用してみると、壁掛け式暖房機の便利さから手放せないと言う人も多いです。ぜひ、ヒートショック対策の為、はたまた寒い脱衣場やトイレ脱却の為に検討してみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
良ければシェアお願いします

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる