初心者向けエアコンの選び方|選び方のポイントだけ押さえればOK!おすすめモデルも紹介!

エアコンを新しく購入する際に選ぶポイントは簡単です。エアコンに全然詳しくない人でも簡単に選ぶポイントだけ絞って適したものを選びましょう。こだわりがない人やとりあえず急いで買わなければいけない時におすすめする機種も紹介します。初心者の方でエアコンを検討している方の参考になれば幸いです。

目次

エアコンの選び方ポイント

エアコン

ご自分でエアコンを選ぶ際のポイントは大きく分けて5つです。このポイントを押さえておけば、家電量販店の店員さんに任せっきりにしなくても適したエアコンを選べるはずです。家電量販店の店員さんに全てを任せてしまうと、当然ながら少しでも高価なモデルを買わせようとしてきます。店員さんも商売ですのでやむを得ないことではありますが、可能な限り任せっきりはやめましょう。以下のポイントだけでも心得ておくことで、店員さんに押し売りされずに対等に相談することができます。

優先度の高いポイントから紹介していきますので、全てのポイントを押さえるのは面倒だという人は、優先度が高い順に把握することをおすすめします。

エアコン選びのポイント
  1. 部屋の大きさ 【最重要】
  2. 省エネ性
  3. 機能の種類
  4. 価格帯
  5. 壁掛け or 窓用 【番外編】

    1、部屋の大きさ

    エアコンを選ぶ際に最も重要なポイントです。必ず実際の部屋の大きさを把握し、適した能力のエアコンを選びましょう。部屋の大きさだけでも正しく把握しておけば、まず失敗することはありません。

    これだけは確認!

    ◎エアコンを使う部屋の大きさは何畳か

    ◎木造・鉄筋コンクリートのどちらか

    とにかく、この2点だけは必ず確認してください。エアコンだけに限らず、全ての空調製品や暖房製品を購入する際の基本ポイントとなります。「エアコンの冷房能力って数値が書いてあるけどどのくらいがいいの?」とか「出力kWって何?」などは初心者は深く考えなくても問題ありません。どのエアコンにも、「木造 or 鉄筋、〇畳用」というように明記してあります。

    ◎ココがポイント!

    ここで重要なのは、使用する部屋の大きさに対して、適用畳数が少し大きめのエアコンを選ぶということです。

    例えば、「木造・10畳の部屋」⇒「木造・12畳用のエアコン」という感じです。大きい部屋であればあるほど、実際の畳数よりも大きめのエアコンを選ぶのが良いです。

    理由は簡単です。実際の部屋とピッタリの適用畳数でも問題はありませんが、ある設定温度まで冷房(暖房)する際に、能力的に余裕が有るか無いかで消費電力が大きく変わってきます。

    当たり前ですが、部屋の大きさよりも小さいサイズを取り付けてしまうと、設定したい温度になかなかならず、結果的に電気代が増えてしまう要因になります。また、窓の大きさや風通しが少なく熱のこもりやすい場所などからも、実際の部屋畳数よりも少し大きいものを選ぶ方が後悔することはありません。

    ちなみにですが、冷房能力・暖房能力を示す指標として出力(kW)が用いられております。ただ、結局はその出力の大きさから畳数表示が決まっておりますので、初心者の人は特に考えなくても良いです。(確認程度で見るのもありです)

    畳数の目安は、住宅が『木造』なのか『鉄筋』なのかで異なり、〔畳数のめやす:(暖房)11~14畳〕と表記されている場合は、「木造住宅なら11畳」、「鉄筋住宅なら14畳」のお部屋向けということになります。

    2、省エネ性

    次に重視するポイントの一つが、エアコンの省エネ性です。当然ですが、省エネ性能が高いエアコンほど電気代を安く抑えることができます。年々、エアコン業界全体的に省エネ性能は向上しています。有名メーカーのエアコンであれば、省エネ性が極端に低いものはありませんが、モデル選びで比較する際には大きなポイントとなります。

    ◎ココがポイント!

    省エネ性が高く、電気代をお得に節電できるエアコンかどうか見極めるポイントは以下の2つになります。

    ココをチェック!
    • 使用電力量
    • 省エネ基準達成率

      とりあえずこの2つだけはチェックしましょう。モデルを比較して選ぶ際には、性能が表示されている〔省エネ達成率〕をとりあえず確認してください。

      (参照:経済産業省-省エネラベリング

      これは、省エネ基準(目標値)を達成しているかどうかを表しているものですので、この数値が大きいほど省エネ性能が高いということになります。

      つまり、「部屋の大きさで〇畳用と決めたけども、その中でいくつも候補があるな」という際にはこの数値を見て比較してください。使用電力量が小さいもの・省エネ基準達成率が大きいものを選べば大丈夫です。

      2006年10月から開始された「統一省エネラベル」では、省エネラベル(グリーン/オレンジ色)・多段階評価(星マーク)・年間の目安電気料金などが表示されています。一目で省エネ基準達成率がわかる多段階評価は、星5で121%以上達成、星4で114%以上121%未満など、星の数毎に細かく設定されています。また、1年間に必要な冷暖房能力を、エアコンが消費する電力量(期間消費電力量)で割った数値が、APF(通年エネルギー消費効率)で表示されています。APFの数値が大きいほど、省エネ性が高い製品だということがわかります。

      3、機能の種類

      部屋の大きさと省エネ性を確認したら、あとは各自の好みです。エアコンに搭載されている細かい機能を挙げるとキリがありませんが。代表的な機能としては下記に挙げるものがありますので、「これがいい!」というものがあればチェックしておいてください。

      お掃除機能

      私もそうですが、面倒くさがりな人にとっては非常に重宝する機能の一つです。最近では、各社ともボトムクラスの機種でも搭載しているものもあったりと、数年前までは超ハイグレードクラスの機種にしか自動お掃除機能が付いたものはありませんでした。いちいちフィルターを取り出して掃除機をかけるのが面倒な人には個人的にもおススメします。

      気流制御

      各社ともそれぞれ異なる気流制御を搭載しています。どのメーカーのどの気流制御が良くてどれが悪いということはありません。カタログや宣伝広告を見て気になるものがあれば一つのポイントとしてはいかがでしょうか。

      除湿機能

      除湿の重要性

      除湿機能(ドライ機能)はどのエアコンにも搭載されています。ちなみに、普通の冷房運転についても仕組み的には除湿をしますが、「除湿モード」は湿気を奪うことに特化した運転です。部屋の温度を下げずに除湿したい場合は除湿運転が好ましいです。

      除湿の方式には以下の2種類があります。

      エアコン除湿の方式
      • 再熱除湿
      • 弱冷房除湿

        2つの除湿の違いは、吹き出す風の温度になります。個人的にはエアコンの除湿といえば、『弱冷房除湿』が主流だと思っていますが、弱冷房除湿の場合はデメリットとしては部屋が冷えてしまうという点です。夏場であればさほど気にしないかと思いますが、冬場に除湿したいときに室温が下がってしまったら嫌ですよね。

        その弱点を解決したのが再熱除湿方式です。その名の通り、一度取り入れた空気を熱してから湿気を取ることでお部屋の温度にあまり影響を与えず、カラッとした除湿が可能になります。

        ただし、最近では省エネ性を考慮した中で、再熱式よりも弱冷房式を採用するメーカーも増えてきていますので、使用環境や用途に合ったものを選ぶと良いのではないでしょうか。

        自分に必要な機能がどれなのか、決めておくと購入する際に迷わなくなります。特にこだわりがなければどちらでも大丈夫です。

        4、価格帯

        正直言うと、適用畳数を決めた段階で既に価格帯は大体絞られています。一番小さい6畳用などは値段も最も安くて、大きい20畳用やそれ以上のものは当然高くなります。それにプラスして、付加機能は何があるか、省エネ効率はどのくらいかによって価格は上下します。各社ともハイグレードモデルには、これでもかというくらい付加価値のある機能が搭載されていますので、値段が20万円とかするのです。

        ちなみに、エアコンの価格は安いもので4万円前後から、高いもので20万円以上のものまで多種多様あります。CMなどの広告で紹介されているモデルが各メーカーのハイグレードモデルで、平均的に20万円前後です。

        世界的空調メーカーのダイキンを例に見てみます。

        ダイキンのエアコン 価格帯

        【ボトムクラス】 Eシリーズ 14畳めやす …  89,800円

        【ミドルクラス】 Fシリーズ 14畳めやす … 153,800円

        【ハイグレード】 うるさら7  18畳めやす … 200,250円

        上記のようになっております。(あくまで参考価格)

        各社とも、ボトムクラスからハイグレードクラスまでラインナップを揃えていますので、予算に応じた仕様を選択して頂ければ良いと思います。

        5、壁掛けor窓用 【番外編】

        おそらくこの記事を見て頂いているかたの目的はセパレートエアコン「壁掛けエアコン」についてだと思いますが、窓用エアコンという選択肢も紹介しておきます。

        (参照:CORONA-ウインドエアコン

        窓用エアコンとは、名前の通り窓に取り付けることのできるエアコンです。窓枠に設置するため、設置の際には壁に穴を開けることも壁に設置場所を取ることも必要としないため、賃貸住宅の方も設置することが可能です。そのうえ、窓用エアコンは室外機と一体型になっているので室外機を設置する場所がない場合にもおすすめです。さらに、窓用エアコンは工事が必要なく、自分で設置や取り外しができるため、工事料金もかかりません。

        昔からある窓用エアコンですが、今でも取り扱いの便利さから賃貸アパートなどでは設置されています。もし興味があれば、併せて比較してみてはいかがでしょうか。

        迷ったらコレ!おすすめエアコン

        選び方のポイントは分かっても、実際どれを選べば良いか分からないという方の為におすすめのエアコンを一つ紹介します。特にこだわりが無いという方も、紹介するこのメーカーのこのシリーズを選べば公開はしないと思います。

        ダイキンエアコン Eシリーズ

        ダイキン エアコンEシリーズ

        (参照:ダイキン工業公式HP

        こちらのEシリーズはダイキンのベーシッククラスではあるんですが、十分な機能を備えていて価格も優しいコスパ優秀なエアコンです。ちなみに、搭載している機能はこのような感じです。

        ダイキン Eシリーズの機能
        • 水内部クリーン
        • オートスイング
        • 自動運転
        • 9段階セレクトドライ
        • ハイメッシュプレフィルター
        • おやすみ運転
        • スマホで操作(オプション)

          これ以外にもありますが、一般家庭で普通にエアコンを使うだけであれば大満足な内容です。

          適用畳数については、6畳・8畳・10畳・12畳・14畳・18畳があります。多くの人がこれらの畳数の中で対応できると思います。ご自身のお部屋の広さに応じた畳数を選べばモデル選び終了となります。

          ぶっちゃけた話

          今の時代、どのエアコンを買ってもこだわりが無ければ普通に満足するかと思います。冷房性能や付加機能は各モデルで異なりますが、エアコンに対して不満を抱くようなことはなかなか無いのではないでしょうか。

          同じエアコンを10年や20年も使っていれば故障したり、性能が落ちたりします。それでも多くの人にとって、エアコンなんてしっかり冷房と暖房ができさえすれば全く問題ないのではないでしょうか。

          実はエアコンというのは、50年も前に開発された家電製品なので、既に商品として成熟しています。冷房性能などは既に上限に近いところまで来ている状態です。そのため、安くても高くてもエアコンの性能だけを見るとそこまで大きくは違わないです。尚且つ、国産メーカーであればどのエアコンも非常に良く完成された素晴らしい製品なのです。

          日本国内のエアコンメーカーには、パナソニック・ダイキン・三菱・シャープ・東芝・富士通・日立・コロナ・アイリスオーヤマなど多数あります。どのメーカーもそれぞれで特徴がありますが、しのぎを削った高品質なエアコンばかりです。これだけ高品質な製品を当たり前に選べて日常的に使用できることに感謝し、エアコンで快適ライフを送っていきましょう。

          あわせて読みたい
          エアコンの電気代|つけっぱなしがお得は本当か?こまめに消すのとどっちがお得なのかに迫る! エアコンにかかる電気代の節電方法として冷房はつけっぱなしがお得という話を耳にします。しかし、本当にエアコンをつけっぱなしがお得なのでしょうか。実際にはつけっ...
          ブログランキング・にほんブログ村へ
          良ければシェアお願いします

          コメント

          コメントする

          このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

          目次
          閉じる