一人暮らし向け冷蔵庫を選ぶ際の注意点とは?一人暮らしに必要な大きさやおすすめモデルも紹介!

一人暮らし向けの冷蔵庫を検討している方に向けた記事です。一人暮らしに必要な冷蔵庫の大きさや価格相場、おすすめ冷蔵庫まで紹介します。家電量販店の店員さんやホームページでは、実際に一人暮らしする際に必要な仕様の冷蔵庫を紹介してくれないことがあります。機能的にも価格的にも一人暮らしで必要以上の冷蔵庫を誤って購入しないために参考になれば幸いです。

目次

一人暮らしに必要な冷蔵庫の大きさとは

単に一人暮らしと言えど、生活スタイルは人それぞれ異なります。なので今回は3パターンの人に分けて紹介していきます。

①自炊をほとんどしない人

②人並みに自炊する人

③料理が好きで自炊を頻繁にする人

当然ながら自炊する頻度によって必要な冷蔵庫の大きさは変わります。それぞれに適した大きさを見ていきましょう。ちなみに、冷蔵庫の大きさは一般的に『庫内容量の大きさ:○○L(リットル)』というように表します。購入する際には注目して見てみましょう。

 

①ほとんど自炊しない人

容量:50~100(L)

基本的に自宅で料理しない、料理するつもりがないという人は100L以下の大きさ十分足ります。自炊しない人にとっては、500mL~2Lのペットボトルの飲み物を入れる程度ではないでしょうか。また冷凍庫は要らないというのであれば、ホテルの客室にあるような50L程度のボックス冷蔵庫で足りるかと思います。逆に、冷凍庫は絶対必要だという人には100L近いものが適しています。大きさ50Lの冷蔵庫は上記画像を参考にしてみてください。

 

②人並みに自炊する人

 

容量:100~150(L)

1週間の半分くらいは自炊するけど、あとは外食やスーパーのお弁当が多いかなという人や自炊はパスタを茹でるくらいかなという人には100~150Lサイズで大丈夫です。一応、容量は150Lまでとしましたが、実際には100L程度の冷蔵庫で十分足りるかと思います。ただし、イベントや来客用に飲み物や食材などを買い込むことがあるっていう人は、容量150Lに近いものを選ぶとスペースに余裕ができます。

 

③料理好きで自炊を頻繁にする人

容量:200(L)以上

特に女性が多いかもしれませんが、ほとんど毎日自炊をする人や料理好きな人は200L程度のサイズが良いと思います。野菜や肉、魚は非常にかさばりますので、野菜やその他食材が常時冷蔵庫の中に入れておくような人には、200L程度ないと意外にもすぐパンパンになります。逆に、割と頻繁に自炊するけど食材は何日分も買い込まないかなという人は、一回り小さいサイズの冷蔵庫(150L程度)で十分かもしれません。

 

◎冷蔵庫の大きさについて、パターン別にまとめると下記のようになります。

50[L] 飲み物だけでOKな人
100[L] 飲み物だけ+冷凍庫が欲しい人
150[L] 週の半分自炊する人
200[L] 自炊メイン・野菜買い込む人

 

 

一人暮らし向け冷蔵庫の価格相場

価格は基本的に大きさに比例して高くなります。50Lの小型なものであれば10,000円前後のものから、200Lでは50,000円前後までになります。その中でも性能・機能によって幅がありますが、平均して30,000円程度だと思って頂いて大丈夫です。

 

冷蔵庫の価格相場

 

 

冷蔵庫を選ぶ際のポイント

冷蔵庫を購入する際には、最低でも以下の3点は購入前に確認しておくことを推奨します。これらのポイントを確認しておけば買ってからの後悔も少なくなると思います。

  1. 住居環境に合うか
  2. ドアの開閉タイプ
  3. 静音性

 

 1、住居環境に合うか

おそらく一人暮らしをしている人の中には、マンションやアパートのような集合住宅に住んでいる人が多いのではないでしょうか。マンション等の集合住宅の場合、冷蔵庫を購入しても建物の構造上から自分の部屋まで搬入することができないことが稀にあります。もし、自分が居住しているマンションの階段が狭い場合や、エレベーターが無い場合など、冷蔵庫の搬入に対する懸念があるのであれば、冷蔵庫のサイズはあまり大き過ぎないものを選ぶようにしましょう。仮に搬入できたとしても、また引っ越す際に手間が掛かってしまいます。

 

2、ドアの開閉タイプ

実は冷蔵庫のドアの開閉仕様は4種類あります。

右開き

最も一般的で、ドアが右側に開きます。右利きの人が開きやすいようになっていますので、多くの一人暮らしや少人数世帯の家庭にある冷蔵庫は大半が右開きかと思います。

 

観音開き(フレンチドア)

冷蔵庫の真ん中から左右に2枚のドアが開きます。最近の冷蔵庫は観音開きタイプが増えていて、特に高級仕様の冷蔵庫や大容量タイプの冷蔵庫に多いです。真ん中で開きますので、右利きでも左利きでも気にせずにドアを開閉できます。また、片側半分のドアだけを開けることも可能なので、電気代の節約にもつながります。

 

左開き

左側にドアが開きます。あまり多くはありませんが、左利きの人や右開きだと壁側になってしまい使いづらい台所の場合に使いやすいです。

 

両開き

実は両開きドアの冷蔵庫もあります。あまり見たことが無い人も多いかと思いますが、右側でも左側でも両方向にドアが開きます。

 

大体の人は右利きですので右開きで問題ないと思いますが、家具家電の配置からどうしても左開きでないと使いづらい場合もありますので使用状況から適したものを選択してください。

 

3、静音性

集合住宅や狭いアパートだと深夜に冷蔵庫の音が気になってしまう場合もあります。

さすがに近隣の部屋まで音が響くことは無いと思いますが、夜寝る際に騒音に神経質な人なら静音化に特化したモデルを選ぶと良いでしょう。その場合は、騒音値(dB)が表記されておりますので数値を見て比較すればOKです。

 

 

一人暮らしおすすめ冷蔵庫

個人的におすすめする冷蔵庫を紹介します。

何を買うか迷っている方は参考にしてみてください。

 

<容量:50(L)前後>

 

アイリスオーヤマ AF42-W

◎楽天市場の冷蔵庫売上げランキング1位!コスパ良し!

容量:42L

ドア:片開き(左右どちらも対応可)

騒音:27dB

省エネ基準達成率:153%

スタンダードな1ドアの冷蔵庫です。冷凍室はありませんが、製氷室が付いているため、ドリンク用の氷をつくるが可能です。5段階での温度調節が可能なため、季節や状態によって使い分けができて便利です。

正直、男子大学生とかアウトドア系サラリーマンはこれで本当に十分です。


 

 

maxzen JR046ML01GM

◎高級感漂うガンメタリック冷蔵庫!

容量:46L

ドア:片開き(左右どちらも対応可)

騒音:26dB

省エネ基準達成率:109%

Amazonのベストセラー商品です。ガンメタリックの外観がシックなお部屋などにピッタリ合います。静音設計のため運転音が気になる方におすすめです。製氷室付きで、8段階の温度調節が可能です。

学生寮などにも最適です。


 

<容量:100(L)前後>

 

アイリスオーヤマ PRC-B092D-B

◎カラーも4種類!コスパ最強の冷凍+冷蔵庫!

容量:87L

ドア:片開き(左右どちらも対応可)

騒音:不明

省エネ基準達成率:100%

こちらも2018年の楽天市場の冷蔵庫ランキングで1位となった様です。2ドアタイプの冷凍室付き冷蔵庫で、野菜室として使えるクリアケースも内蔵されております。デザインカラーも4種類から選択できます。

個人的にはこのサイズが一人暮らしに最も適していると思います。

何か突発的なイベントで普段以上の食材を詰めなければいけない場合でも、大抵の量なら入ってしまいますからね。

アイリスオーヤマ公式通販サイト


 

 

 

ハイセンス HR-B95A

◎こちらもコスパ良好!静音設計に注目!

容量:93L

ドア:片開き(左右どちらも対応可)

騒音:23dB

省エネ基準達成率:100%

インテリアのようなデザイン性を兼ね備えた、まさにハイセンスな冷蔵庫。静音設計にこだわり、寝室においても気にならないほどの音。見た目にもこだわりたい方には最適です。


 

◎ハイセンスについて知りたい方は別の記事で個別にまとめていますのでご参照ください。

参考記事 ハイセンスとはどこの国のメーカー?洗濯機や冷蔵庫の評判・信頼性はどうなのかに迫る!

 

<容量:150L>

 

Panasonic  NR-B14CW

◎インテリアと調和するマットな質感のデザイン!

容量:138L

ドア:右開き

騒音:不明

省エネ基準達成率:101%

低めでスッキリおけるサイズの2ドア冷蔵庫です。この大きさになるとTHE・冷蔵庫っていう感じがします。上が冷蔵庫、下が冷凍庫のため小型冷蔵庫でも飲み物等が出し入れし易いです。信頼のPanasonicです。


 

三菱電機 MR-P15D

◎ファン式自動霜取り機能搭載!

容量:146L

ドア:右開き

騒音:22dB

省エネ基準達成率:100%

ラウンドカットデザインが美しい。冷蔵室と冷凍室を部屋ごとに温度調節が可能で便利です。扉を全開にしなくても横から取り出せる横取りポケットや自動霜取り機能など、かゆいところに手が届く機能が詰まった一台です。

この大きさで低温室+冷蔵室が3段あるのも有難いですね。


 

 

 

SHARP SJ-GD14F

◎プラズマクラスター搭載のデザイン性抜群モデル!

容量:137L

ドア:片開き(左右どちらも対応可)

騒音:23dB

省エネ基準達成率:100%
プラズマクラスターイオンで除菌されたクリーンな冷気が庫内を循環します。洗練されたデザインがインテリアのような高品位さを映し出します。容量に対しての少し価格は上がりますが、納得の付加価値です。

 

<容量:200L>

 

ハイアール JR-NF218B-W

◎200Lで低価格のコスパモデル!

容量:218L

ドア:右開き

騒音:25dB

省エネ基準達成率:110%
価格が売りの2ドアタイプのスリム冷蔵庫です。冷凍室は3段に仕切られており、クリアケース搭載で食材が見やすい上に取り出しやすさがポイントです。日本メーカーではありませんが、コストパフォーマンス重視の方にはおすすめの一品です。

◎ハイアールの冷蔵庫や他の商品についてまとめた記事もありますので、興味がある方はご参照ください。

参考記事 ハイアールはどこの国のメーカー?洗濯機や冷蔵庫の評判・信頼性はどうなのかに迫る!

 

 

一人暮らしのプロ(自称)の声

冷蔵庫について、長年一人暮らしをしている私の考えを自問自答形式で述べていきます。

 

Q, 使用しているサイズは?

A, 85Lのものを使用しております。私は自炊はしますが、パスタやうどんを茹でて作る程度なのでこの大きさでちょうど良いと感じています。ただ、一人暮らしの味方である冷凍食品を買い込むと冷凍室が若干狭いと感じることはありますね。

あと、キッチンの大きさがさほど広くないので、これ以上大きいものだと圧迫感がでちゃうかなと思っています。

 

 

Q, 冷蔵庫にお金をかけるべきだと思いますか?

A, 今はまだ思いません。というのも、一人暮らしの間は転勤や転職で引っ越すこともあると思いますし、大家族のように冷蔵庫を頻繁に開けるような生活でもないからです。ですが、次買い替えるのであれば、ちょっとお高めのプラズマクラスターを搭載したSHARPの冷蔵庫が欲しいなと考えています。

 

 

 

まとめ

一人暮らしにとって、冷蔵庫は部屋の中でも一番目か二番目に大きな家電になるかと思います。ご自身の予算と生活スタイルに応じた大きさに冷蔵庫を選びましょう。

特に自炊をするつもりがないのであれば、やっぱり一人暮らしの冷蔵庫はコンパクトさが最も大切なのかと思います。後悔のない買い物をしましょう。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
良ければシェアお願いします

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる