石油ファンヒーターのメーカー比較!ダイニチ・コロナ・トヨトミの特徴と違いを解説

石油ファンヒーターのメーカーといえばダイニチやコロナ、トヨトミなど暖房機器をメインに扱う会社が有名です。しかし、実際に石油ファンヒーターを選ぶ際にはメーカーや細かい機能についてはあまり考えずに購入している方も多いと思います。ですが、実は石油ファンヒーターはメーカーごとに特徴が大きく異なります。何も考えずに購入してしまうと、もしかしたら使用している中で損をしてしまっている場合もあります。これから石油ファンヒーターを購入・買い替えを検討している方へご自身のライフスタイルに適したものを選んで頂けるよう役立つ記事になると幸いです。

目次

石油ファンヒーターのメーカー

石油ファンヒーターのメーカーと言われてパッと出てくるメーカーはありますでしょうか。有名なところで言うと、『ダイニチ』と『コロナ』はよく耳にするかと思います。次いで『トヨトミ』がこの2社の背中を追っており、これら3社を合わせて石油ファンヒーターの三大メーカーと言わることもあります。その他にもアラジンや、ひと昔前だとシャープや三菱、その他家電メーカーも参入していました。大手家電メーカーは既に石油ファンヒーターから撤退しています。

現在のところはダイニチ・コロナ・トヨトミの3社で国内シェアのほぼ全てを占めています。

と言いましたが、実際のところはダイニチとコロナで90%を占めていますので、ここ数年は2トップとして確固たるポジションを維持しています。最近のシェア率は、ダイニチが50~60%、コロナが30~40%で互いにシェアを取り合っており、残り10%前後がトヨトミという状態です。

家電量販店へ行ってみると、石油ファンヒーター売り場の半数をダイニチが占めており、もう半数をコロナが向かい合うように配置されています。外観デザインは並んでいるので比較しやすいかと思います。ただし、仕様上のメーカーごとの特徴については、注意して見ないと判断できないこともあります。また、家電量販店のポップは良い点ばかりを表記していますが、本当に大切なのは悪い点を比較することです。その内容についても記事の中で説明していきます。

ダイニチ・コロナ・トヨトミの違いと比較

メーカー総評比較

それでは、ダイニチ・コロナ・トヨトミの3メーカーについての総評を下記にまとめます。まずは機種を特定せずに、各々の特徴を比較します。

 メーカーダイニチコロナトヨトミ
燃焼方式ブンゼン式ポンプ噴霧式ポット式
着火時間
消費電力
ニオイ
騒音
耐久性
保証3年3年3年
メーカー毎の特徴

これらをまとめると以下になります。

各メーカーのまとめ

ダイニチ 〇着火時間 ×消費電力

コロナ  〇低消費電力+低騒音 △着火時間

トヨトミ 〇低消費電力+耐久性 ×着火時間

トヨトミはポット式という燃焼方式から、不良灯油への耐久性が高くなっています。エコバーナーと称して昨年からの持ち越し灯油を使用できると保証しているのはトヨトミだけです。ダイニチ・コロナは基本的にフレッシュな灯油の使用を推奨しています。

限りある資源をムダにしない 前シーズンの残り灯油が使える

引用:トヨトミ公式HP

▽以下、持ち越し灯油の使用を推奨しないダイニチとコロナ

灯油は昨シーズンから持ち越したものを使うのはNG。酸化で変質して着火不良や途中消火などトラブルの原因になります。使い始めは必ず新しい灯油を用意しましょう。

引用:ダイニチ工業公式HP

昨シーズンから持ち越した灯油や日光が当たる場所、高温の場所で保管した灯油などは変質し、黄色く変色したり、酸っぱい臭いがします。また、水が混入した灯油は灯油と水が分離した状態になります。
変質した灯油や灯油以外の油、水、ゴミなどが混入した灯油を使用すると機器が故障する原因になるので絶対に使用しないでください。

引用:コロナ公式HP

※ちなみに、石油ファンヒーターはシリコンを含有しているスプレーや柔軟剤の多用によって故障することは聞いたことがあると思います。これは、燃焼状態を制御する炎検知器にシリコンが被膜してしまうと、微電力で検知していた火炎状態が電気が流れなくなり、判別できなくなるためです。ただし、このシリコン耐性はメーカーに限ったものではありませんので、耐久性に大きな差はありません。

モデルで比較

次に、3メーカーのハイエンドモデル(最上位機種)で具体的性能の比較をします。

石油ファンヒーターのラインナップの中で、暖房出力で3.6~3.7kWタイプがボリュームゾーンとなります。特にハイエンドモデルの中で暖房出力で3.6~3.7kWタイプが、各メーカーの製品カタログの顔(最も売り出す機種)となります。

ダイニチは『SGXタイプの3.7kW』、コロナは『WZタイプの3.6kW』、トヨトミは『SLタイプ3.6kW』を売り出す際の顔としています。これらのモデルを比較することで、各メーカーとしての実力値が分かる訳です。

数年に一度、各社とも大幅にモデルチェンジを行って性能が変更しますが、今回は2020年モデルにて比較します。

スクロールできます
メーカーダイニチコロナトヨトミ
型式FW-3720SGXFH-WZ3620BYLC-SL36H
外観ダイニチSGXタイプコロナWZトヨトミSLタイプ
暖房出力
(最大/最小火力)
3.70kW
0.74kW
3.60kW
0.59kW
3.60kW
1.02kW
着火時間35秒55秒90秒
消費電力
(最大/最小火力時)
129W
62W
22W
11W
20W
12W
騒音値
(最大/最小火力時)
37dB
25dB
36dB
21dB
37dB
23dB
給油タンク容量9.0L7.2L7.0L
給油タンクの口ワンタッチ汚れんキャップよごれま栓こぼれま栓
質量12.6kg12.3kg11.0kg
外形寸法
(高さ×幅×奥行)
445×438×366446×458×338437×435×315
気流制御動くフラップ可動ルーバーなし
消臭制御秒速消臭システムプレミアムプレミアム消臭”極”消臭革命
省エネ制御・Wエコプラス
・省エネ(人感)センサー
・トリプルエコ
・省エネ(人感)センサー
・快適おまかせ機能
・人感センサー

※2021年8月24日、コロナ公式HPにて業界No.1低消費電力の石油ファンヒーターを発売されました。(上位機種のWZシリーズ・VXシリーズに搭載)消費電力が最大火力時でも9.5Wという断トツの低消費電力を実現しました。

以下、項目ごとに考察していきます。

暖房出力

最大暖房出力の大きさは、特にメーカーによる差というのはありません。あくまで灯油の消費量を暖房出力と定めています。その為、各社とも同じシリーズで暖房出力が異なるモデルをラインナップしています。

ただし、最大火力と最小火力の差が大きいということは、それだけ火力を調節できる幅が広いということですので、そういう意味ではコロナに軍配が上がります

着火時間

着火時間は燃焼方式に依存し、ダイニチの採用しているブンゼン式に軍配が上がりますダイニチのブンゼン式はノズルの中でヒーター熱で灯油を熱しますので着火が早いです。2019年時点ではコロナ・トヨトミを圧倒している状態でした。

しかし、2020年にコロナがついに着火時間を従来75秒から55秒まで大幅に短縮させました。ダイニチの着火時間は構造上、上限近くまで達しているのに対し、コロナとトヨトミはここ数年で徐々に着火までの時間を短縮化しています。ダイニチの35秒に並ぶまでは先が長そうですが、着火スピード以外に強みが無いダイニチを追いつめていることも事実です。

2020年度モデルはWZ、VXシリーズの3.6kWタイプで、低消費電力はそのままにバーナの最適化により、通常点火時間を従来の約75秒から約55秒に短縮し、点火までにかかる消費電力量を約30%低減(当社比)しました。

引用:コロナ公式HPニュースリリース8/25

消費電力

消費電力はポット式のトヨトミに軍配が上がります。また、コロナもポンプ噴霧式でトヨトミと同様の低消費電力を可能にしています。更に、コロナは2021年モデルで、業界No.1の低消費電力石油ファンヒーターをリリースしました。これはDCモーターを採用したことによって消費電力削減が可能となったとのことです。ポット式のトヨトミを追い抜いて単独トップに躍り出ました。

そんな中、ダイニチだけは消費電力の桁が違います。ダイニチのブンゼン式では、ノズルをヒーター熱で温めて灯油を気化させています。それにより、燃焼中も常に電力をかけ続ける必要があるため、消費電力が非常に高くなります。トヨトミとコロナについては燃焼を開始すれば燃焼熱を利用して灯油を気化させますので少ない電力で済みます。

※最小火力時の消費電力は各社とも出力がバラバラですので一概に比較が難しいので、最大火力時の消費電力が定格値になります。

騒音値

最大火力燃焼時は3社ともほとんど差はありません。最小火力時の騒音値が一つの指標となります。先にも言いましたが、コロナが最も燃焼火力を弱くまで絞ることができるため、騒音値についても軍配が上がります制御上、室温が設定値まで安定してしまえば、基本は最小火力まで落として燃焼させます。つまり、石油ファンヒーターを使用している時間の多くは最小火力で燃えている最中ですので、その時の騒音値が小さいほどユーザーとしても低騒音に感じるのです。

給油タンク容量

給油タンク(カートリッジタンク)の容量は9Lのダイニチに軍配が上がります。18Lのポリタンクをピッタリ2回で使い切れるのは魅力的です。コロナ・トヨトミは7L前後ですが、お年寄りや女性の方にはそのくらいのタンクの方が持ちやすくて良い面もあります。

給油タンクの口

これは3社とも工夫されていますダイニチはワンタッチで簡単に外れるキャップを機種を限定して採用しています。コロナは全機種によごれま栓というワンタッチでふたがパカっと開く機構を採用しています。トヨトミのキャップはシンプルに手回し式ですが、こぼれま栓というものがタンク内部に搭載されており、給油中にタンクを誤って倒しても灯油がこぼれない機構を採用しています。

2021年には、ダイニチがワンタッチ汚れんキャップEXというパカッと開くタイプの給油口を機種限定でリリースしました。構造や役割はコロナのよごれま栓と類似しています。

その他

  • 本体サイズはトヨトミが一回り小さく、質量も若干軽いです。
  • ダイニチ・コロナは吹き出し口に動く風向板(フラップ・ルーバー)を搭載しています。それにより温風の吹き出し方向を変化させることができるため、温度ムラを低減させます。
  • 消臭制御や省エネ制御は各社とも独自の機能を備えていますので優劣は付け難いです。(臭いというは定量的な比較が難しく、指標となる要素も定まっていません。ハイドロカーボン量が指標に使われることがありますが、臭いの一成分を示しているだけですので実際に嗅いだ臭いとは相関が取れません)

上記3モデルの価格・詳細はこちら

・ダイニチ SGXタイプ
・コロナ WZタイプ
・トヨトミ SLタイプ

ダイニチ・コロナ・トヨトミの特徴とおすすめモデル紹介

3社の石油ファンヒーターの特徴と、おすすめモデルを別の記事にまとめていますのでチェックしてみてください。

ダイニチの石油ファンヒーターについて

コロナの石油ファンヒーターについて

トヨトミの石油ファンヒーターについて

どこが一番おすすめなのか

◎結論

着火が早い方が良い人はダイニチ

ランニングコストを考えるのであればコロナかトヨトミ

最もバランスが取れたファンヒーターはコロナ

ダイニチを選ぶ人の多くが着火時間の早さを魅力に感じて選んでいます。それだけ着火までの時間が早いことはユーザーに求められている性能なのだと思います。

対して、着火時間のわずかな差よりも長期的コストを考慮したいと考える人はコロナかトヨトミを選択すべきです。シーズンごとの電気代を比較すると差は歴然です。

また、着火時間や消費電力、その他機能などトータル的に評価するとコロナが一番バランスが取れていると言えるでしょう。

その他にも

こんなタイプの人はこのメーカーがおすすめというのを下記に書きだしましたので、参考までにチェックしてみてください。

こんな人にはこのメーカー

・電気代を気にしない人 → ダイニチ

・着火が早ければいい人 → ダイニチ

・電気代を抑えたい人 → トヨトミ・コロナ

・長期的費用を考えられる人 → コロナ・トヨトミ

・持ち越し灯油を使いたい人 → トヨトミ

・音が静かな方がいい → コロナ

・臭いが気になる人 → ダイニチ・コロナ

まとめ

今回のように冷静に比較すると疑問を抱くのが、なぜダイニチが現状シェアNo.1なのかということです。性能・機能・使い勝手を見ると、トータル的にコロナやトヨトミの方が良いのではと思う人も少なくないはずです。

しかし、石油ファンヒーターを購入する際に事細かに性能を比較する人がどれだけいるかと言われたら少ないかもしれません。特に細かいことは考えていない人にとって、着火時間が早い・部屋がすぐ暖まる・シェアNo1と言われたらダイニチを選んでしまうのも分かります。

ですが、この記事を読まれた方はダイニチがすべて良いのかというと全く違うということが既にお分かりだと思います。3社ともそれぞれ良い面があって、弱点となる点もあります。だからこそ、各社の弱点をまず比較した中で、ご自身の考えに合う石油ファンヒーターを選んでもらえれば良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
良ければシェアお願いします

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる