ハイアールはどこの国のメーカー?洗濯機や冷蔵庫の評判・信頼性はどうなのかに迫る!

ハイアールとは

ハイアール(Haier)という家電メーカーをご存じでしょうか。冷蔵庫や洗濯機、炊飯器などの家電商品を展開しています。新生活を始める際や買い替えで家電量販店に行った際に見たことがある人も多いのではないでしょうか。このハイアールというメーカーは、一体どこの国のメーカーなのか、ハイアールの家電についての評判や信頼性はどうなのかについてまとめて紹介いたします。

目次

ハイアールとは

ハイアールのロゴ

ハイアール(Haier)という家電メーカーは、中国に本社を置くメーカーです。洗濯機や冷蔵庫などの白物家電業界では、トップクラスの世界シェアを誇る非常に大きな会社です。生産も中国国内で行っており、日本の店舗で目にするハイアール家電商品は全て輸入して販売しているということになります。

日本では2002年に初の販売拠点を構え、三洋電機株式会社との合併企業「三洋ハイアール株式会社」を設立しました。その後、「ハイアールジャパンホールディングス株式会社」を設立し、ハイアール家電を日本全国に展開していきました。

現在の日本国内にあるハイアールグループの拠点は、ハイアールジャパンホールディングス株式会社、アクア株式会社、ハイアールジャパンセールス株式会社の3社があります。ハイアールジャパンホールディングスは各種グループ会社の管理業務や海外での製品企画・開発などの人材採用の窓口業務を行っています。アクア株式会社は、冷蔵庫や洗濯機、家庭用エアコンの設計開発を行っており、その他にもマーケティングや品質管理支援業務などを担っています。そして、ハイアールジャパンセールス株式会社は企画や販売、サポートの総合マーケティング業務を行っています。

AQUAロゴ

また、最近ではメジャーになってきた「AQUA」という家電ブランドもハイアールが親会社となって手掛けています。三洋電機から継承した洗濯機や冷蔵庫事業をメインとしてアジア各国で展開しています。

毎日寄り添い、
くらし支える。

すべては、ひとりでも多くの方に、
より良いくらしをお届けしたいから。

引用:ハイアール公式HP‐ブランドメッセージ

公式SNSも設営されてますのでチェックしてみて下さい。

●Instagram:haier_japan

●Twitter : @HaierJapan

●Facebook:@HaierJapan

●Youtube:Haier Japan

ハイアールの魅力と評判

ハイアールの家電製品が人気を呼ぶ理由はどこにあるのでしょうか。ハイアールの魅力に迫っていきます。

ハイアールの魅力とは

既に紹介した通り、ハイアールは冷蔵庫や洗濯機の世界シェアでトップクラスを誇っています。いくら中国メーカーと言えども、ただ安いというだけではここまで大きな会社となることはできなかったと思います。価格面以外にも何かしらの強みがあってこそ世界的な家電メーカーまで上り詰めたのでしょうから、ここではまずハイアールの魅力を挙げていきます。

コスパが非常に高い

日本の家電メーカーに比べて価格が安いことは多くの方が既にご存知かと思います。「中国メーカーだから価格が安いのは当然だけど、製品の品質も安いなりなんじゃないの?」と思われる人も多いでしょう。しかし、ハイアールはそこら辺のちっぽけな中国メーカーとは違います。価格が安くても製品の品質は十分に保証できます。

冷蔵庫や洗濯機のような白物家電は、数ある家電の中でも故障率が比較的高いです。パナソニックや日立のような日本の大手家電メーカーでさえも、故障率は0%ではありません。以前、家電専門誌「技術営業LEDERS」という家電に通ずる人には有名な専門誌にて調査がされました。その調査の中で、白物家電全体の故障率は2.8%という結果が出たそうです。つまり、100台のうち3台は何かしらの原因で故障しているということです。

これはハイアールなどの中国メーカーに限りません。日本の家電メーカーも含めた中での話なので、日本人にとって信頼できるパナソニックや日立の白物家電でさえも、100台に3台程度は不良が発生しているのです。

でも、「ハイアールは故障が多いから買わない方が良い」というような話を聞いたことがありませんか。私自身も、とある記事の中でこういった内容の否定的なレビューをしている人を見たことがあります。

確かに、実際にハイアールの冷蔵庫や洗濯機を購入してみて、もしその製品が故障してしまったら、「やっぱり中国メーカーだから壊れた」と考える気持ちも良く分かります。せっかく購入した家電製品が故障してしまったら底知れぬほどショックですから。しかしながら、前述したように、白物家電は3%の確率で故障が起きてしまうのが現状です。その実情を知っているのであれば、「中国メーカーだからだ」とか「ハイアール製品はダメだ」とか、決めつけてしまうのはナンセンスだと私は思います。


さらに、ハイアールの白物家電の流通量は日本の家電メーカーの比ではありません。家電量販店でハイアール製の洗濯機や冷蔵庫が大量に陳列されているのに、パナソニックなどの日本メーカーのものはあまり数が置かれていない状況を見たことがある人もいるのではないでしょうか。これは単純に、ハイアールの白物家電の流通量が圧倒的に多いからです。

各メーカーとも流通量が違うので、一般ユーザーの声を元にどのメーカーが故障しやすいかどうかを判断するのは難しいです

もし仮に、パナソニックの冷蔵庫が100台のうち3台が故障したとします。これに対し、ハイアールは同じ3%の故障率でも1,000台あれば30台が故障してしまうというようなことです。パナソニックとハイアールのどちらに対してクレームの数自体が多いかと考えれば、当然ながら30人分が故障してしまったハイアールです。多くの人は傾向的として、品質に問題が無い場合は特に声を上げませんが、不良や故障によって自分に不利益を被った場合は声を大にして訴えます。

こういった状況が、ハイアールに対して故障しやすいという先入観を抱いてしまう理由だと考えられます。

サポート対応の充実さ

サポート対応

サービス面でも中国メーカーというだけで偏見があり、「対応やサポート体制が悪いのではないか」という不安がどうしてもあります。万が一、製品が故障してしまった場合には丁寧に対応してもらえるのか、また、メーカーの保証はあるのかなど気になる方も多いのではないでしょうか。

ところが実は、ハイアールのサポート対応は非常に丁寧かつ迅速で徹底されています。日本国内にもサービス拠点を構えていますので、日本全国47都道府県対応・365日受付のアフターサポートを受けることができるのは非常に有難いです。実際に購入したことがある人の中には、「故障してしまったけど翌日には修理対応してもらえた」といったような声も多く、サービス対応の迅速性は素晴らしいです。

この他にも、正規販売店やAmazonや楽天市場などのネット通販で購入した場合は、基本的には1年間のメーカー保証が付いてきます。家電全般における故障の多くは初期不良です。使用し始めたらすぐに壊れたといったケースが目立ちます。その為、最低でも1年間はメーカーが保証してくれるのであれば、確率が高い初期不良時は無料で修理してもらえます。

また、家電量販店やネット通販サイトでの購入でも無料で設置工事まで実施してくれます。Amazonや楽天市場でも無料で設置まで対応してくれることが多いです。※例外もありますので、購入時は念のため良く確認しましょう。

電話での問い合わせや相談への対応も比較的好評で、たらい回しにされることはまずありません。何か不明な点や心配なことがあれば、ハイアールの公式ホームページに相談窓口の電話番号やFAXが用途別に記載されていますのでご確認下さい。

実用性が高い

洗濯機

ハイアールの製品は実用性が高いものが多いです。そもそも白物家電中心ですので、実用性に特化した仕様が求められます。

一番魅力的に感じるポイントは、一人暮らし向けのサイズ・仕様の製品を多く揃えてくれているところです。一人暮らし用だけでなく、大家族向けのものまで幅広くラインナップを用意してくれているおかげで、自分のライフスタイルに適した製品を選ぶことができます。機能面についても、一人暮らしであれば最低限必要な機能はしっかりと備えてくれていて、あまり使用頻度が少ない無駄な機能は省いてくれています。

私自身も一人暮らしでハイアールの洗濯機を使用しています。正直、余計な自動制御コースは使わずにとりあえず洗えればOKというタイプなので、ハイアールの一人暮らしサイズの洗濯機はシンプルな機能だけで満足しています。ちなみに10年以上同じ洗濯機を使っていますが、未だ現役バリバリです。

デザインも好評

ハイアールの製品はデザイン性にも長けています。白物家電なのでホワイトを基調としたカラーリングが多いですが、シンプルで取り入れやすいデザインが魅力です。若い世代にも受け入れやすく、ぱっと見で安物かどうかは分かりません。特にハーフミラーガラスを使った洗濯機は非常にかっこいいデザインでおすすめです。

また、AQUAの冷蔵庫はスタイリッシュなものが多いです。クリアモカブラウンやダークウッドブラウンなどのシックなカラーがおしゃれです。

ハイアールの人気商品①洗濯機

ハイアールを代表する商品から順に紹介していきます。まずは洗濯機の人気モデルからリストアップします。

※価格は2021年1月時点のAmazon価格を参考としています。

全自動洗濯機 JW-C55D

ハイアール全自動洗濯機JW-C55D-K
出典:amazon
デザイン洗濯・脱水容量価格
5.5kg◎(¥22,330)

一人暮らし向けの洗濯容量5.5kgのタイプです。おまかせコースには、ドライや毛布などが一通り備わっていて、特にお急ぎコースは10分で洗濯することができるので、お出かけ前や忙しい人に有難いです。

他にも、風乾燥機能が付いていますので干し時間の短縮が可能です。これら必用以上の機能が搭載されているにも関わらず、2万円台前半で購入できるのでさすがハイアールとしか言えないですね。

一人暮らしのサラリーマンは仕事終わりに帰宅してから洗濯することも多いので、短時間で洗濯ができて乾燥時間も短縮できるのは本当に便利だと思います

全自動洗濯機 JW-LD75A

出典:amazon
デザイン洗濯・脱水容量価格
7.5kg〇(¥51,000)

ハイアールの洗濯機の中でも上位モデルになります。洗濯容量は7.5kgですので、3~4人家族でも十分な大きさになります。

洗濯物を投入するまでの高さが80cmで、7kgクラスでは最も低い全自動洗濯機です。重い洗濯物でも高く持ち上げなくて良いため、出し入れの際に身体の負担を抑えます。DDインバーターモーターをいう高級機種で多く使われるモーターを搭載していることによって低騒音化を実現しています。デザインもハーフミラーガラストップでスマートです。

ハイアールの他のモデルが安過ぎるので少し高く感じてしまいますが、これほどの仕様で日本家電メーカーであれば10万円近くしますのでお得です

◎洗濯機の選び方については別の記事でもまとめていますので、気になる方はご参照ください。

ハイアールの人気商品②冷蔵庫

冷蔵庫もハイアールの代表商品です。AQUAと合わせると非常に豊富な種類がラインナップしています。

冷凍冷蔵庫 JR-N85C

ハイアール冷凍冷蔵庫JR-N85C
出典:amazon
デザイン容量価格
85L◎(¥19,700)

ハイアールの冷蔵庫の中でも売り上げ台数が非常に多いモデルです。正に一人暮らしに最適の冷蔵庫です。

冷凍室付きの冷蔵庫は当たり前ですが、内容量は85Lも入るのに本体サイズはコンパクトな設計です。その為、キッチンが狭く場所が限られる場合でも省スペースで設置することができます。冷蔵庫の天面は耐熱性天板となっていますので、上に電子レンジなどを置いて使うことができます。冷蔵庫の上を活用できる点は意外と重要ですよね。

大きさが一人暮らしの冷蔵庫としてちょうど良くて、学生や独身社会人にこれ以上に最適な冷蔵庫は他にないと思っています

冷凍冷蔵庫 JR-NF148B

ハイアール冷凍冷蔵庫JR-NF-148B
出典:amazon
デザイン容量価格
148L◎(¥36,740)

こちらは容量148Lタイプの冷凍冷蔵庫です。一人暮らし、もしくは二人暮らしだけど冷蔵庫も冷凍庫も十分にスペースが欲しいという方にピッタリのサイズです。

まずはデザインが実用的なシンプルかつモダン的でおしゃれです。カラーはブラックとホワイトから選べます。中のトレイは強化ガラスを使用していますので、重いものを乗せてもたわみません。更に高さ調節も可能なので、食料品の大きさに合わせて対応することができます。

ブラックのボディがスマートな冷蔵庫です。見た目の雰囲気にもこだわりたい方におすすめです

◎一人暮らし向けの冷蔵庫の選び方ポイントやおすすめモデルを他の記事でまとめていますので、気になる方はご参照ください。

ハイアールの人気商品③電子レンジ

ハイアールでは電子レンジや炊飯器などのキッチン家電(調理家電)も取り揃えています。当たり前ですが、かなりコスパに優れています。その中でも、電子レンジは価格面や機能面などトータル的に一人暮らしに持って来いの商品ですので、これから一人暮らしを考えている方にはまず選んで頂きたい商品です。

電子レンジ JM-FH18G

ハイアール電子レンジJM-FH18G
出典:amazon
デザイン使い勝手価格
◎(¥10,600)

ハイアールのコスパ最強電子レンジの登場です。ハイアールの中で更に安い機種もあるのですが、機能的な使い勝手の良さを考慮すると、こちらの方が費用対効果が優れていると思うのでこちらを紹介します。

私が感じた第一印象はシンプルでおしゃれな電子レンジです。ただ最初は価格もメーカーも知らずにデザインだけでそう思いました。デザインだけではありません。12種類のオートメニュー付きで、コンビニ弁当用のモードもあります。これほどの機能を備えているにも関わらず、販売価格は1万円前後という破格っぷりです。この電子レンジは一人暮らしの方に本当におすすめします。

コンビニ弁当がすっぽり入る幅となっているので一人暮らしの学生や社会人にはとても有難いです

ハイアールの人気商品④掃除機

実は私も最近まで知らなかったのですが、ハイアールは掃除機もいくつか販売しており、注目を集めているようです。特にコードレス掃除機は流行っていますが、AQUAのコードレス掃除機が人気のようです。

コードレススティッククリーナー AQC-HF500

AQUAコードレススティッククリーナー
出典:amazon
デザイン使い勝手価格
〇(29,100)

AQUAの公式ホームページでは猫や犬のペットを飼っている方へ向けた商品として紹介しています。もちろんペットを飼っていなくても日常使用の掃除機としてお使い頂けます。

ヘッドブラシにこだわりがあり、床に合わせて起毛布とワイドケトリゴムの2つから選べます。起毛布はフローリング向きで、ワイドケトリゴムは絨毯に絡む髪の毛やペットの毛などを取るのに適しています。

通常のヘッドに加えてアタッチメントが3種類付属されていますので、ソファーの上や家具の隙間などにも一台で対応できます。ブラシ・ダストカップ・フィルターは水洗い可能なので衛生的にもバッチリですね。

ペットを飼っている方は一度、AQUAの公式ホームページにて紹介記事を見て頂くと分かりやすいです

◎掃除機について他の記事でもまとめていますので、気になる方はご参照ください。

ハイアールの人気商品⑤炊飯器

ハイアールではマイコン式の炊飯器も扱っています。現在生産しているモデルは2機種しかありませんが、どちらも価格が安い上に機能も充実しています。

3合炊きマイコンジャー炊飯器 JJ-M32A

ハイアールマイコン炊飯器JJ-M32A
出典:amazon
デザイン使い勝手価格
◎(¥5,800)

非常に安いですが、それでもマイコン式の機能が充実した炊飯器です。3合炊きなので一人暮らし向けです。

静電式タッチキーで炊飯器の天面はフラットとなっていますので、汚れなども軽く拭くだけで取れます。メニューは9種類ありますので、その時々の状況に合わせて使うことができます。2.5mmの極厚まる釜によって、ごはんをふっくらと炊き上げることができます。

超リーズナブルなのに関わらず、一人暮らしには勿体ないくらいの機能が搭載されています。自炊や料理を頻繁にする方にもおすすめです

まとめ

ハイアールの扱う家電商品はここで紹介したものだけではありません。AQUAのラインナップも含めると膨大な種類の家電を開発・販売しています。

ハイアールという会社自体は中国に本社を置いていますが、日本にも拠点を構え、日本のライフスタイルに応じた家電商品を手掛けているように思います。様々の人の様々な生活に馴染む家電、白物家電を今後も日本や世界各国へ提供していってもらえればと思います。

ハイアールの家電を購入する際は、中国メーカーだから品質も悪いという偏見を避けて製品そのものの本質を見抜いて選ばれることを推奨します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
良ければシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる