一人暮らしに掃除機は必要?いる・いらないをチェックリストで判別!【おすすめ機種も紹介】

一人暮らしに掃除機はいらないのか、掃除機の購入を迷っている方へ向けた記事です。一人暮らしに掃除機があった方が良いと考える人、掃除機はいらないと考える人の意見をまとめました。また、掃除機が必要なのかどうかを判別するチェックリストも作成しました。購入を迷っている方は参考にしてみてください。既に一人暮らしに掃除機の購入を決めている方にも、おすすめの機種を紹介いたしますので参考になれば幸いです

目次

一人暮らしで掃除機を使っている人の割合

現在一人暮らしをしている人、もしくは過去に一人暮らしをしていた人を対象に50名にアンケートを取りました。

ちなみに、その50人は私の同僚や大学時代の友人にアンケートをお願いした内容になりますので、母数が少ないですがご了承ください。

対象:20~35歳

・掃除機を持っている人  ・・・ 42 / 50人

・掃除機を持っていない人 ・・・  8 / 50人

このような結果となりました。

8割以上の人が掃除機を購入・所持している(していた)ということですね。

男性:女性で持っている割合を見てみると、女性は全員掃除機を持っているとのことです。この結果をもとに、持っている人と持っていない人の意見を聞いてみましょう。

掃除機が「いる派」・「いらない派」の意見

掃除機いる派といらない派の意見になります。

『掃除機がいる派』の意見

  • 「掃除機を持たない理由が分からない」 【20代男性】
  • 「ホコリや髪の毛はコロコロで取れるけど、小さい虫の死骸とかがたまにあるから掃除機が無いと地獄」【20代女性】
  • 「絨毯やカーペットに溜まるごみはコロコロでは取れない」【30代男性】
  • 「ダニやノミの死骸のようなハウスダストは掃除機で吸えば全部回収できると思ってるから」【20代女性】
  • 「台所の掃除は小麦粉や砂糖のような細かい粉が頻繁に落ちているから」【20代女性】
  • 「掃除機の方が一気に掃除できるから楽」【20代男性】

『掃除機いらない派』の意見

  • 「フローリングだからクイックルワイパーで事が足りる。」【20代男性】
  • 「部屋が狭いから掃除機置くのが正直邪魔」【20代男性】
  • 「基本的に夜しか家にいないから掃除するのもたいてい夜だけど、近隣の迷惑になってしまうから掃除機は使えない」【30代男性】
  • 「コロコロの方がコストに優れているから」【20代男性】

やはり男性の方が掃除機の必要性をあまり感じていない傾向ということになりますね。対して、女性はお部屋の片づけや掃除にはある程度時間と労力を割くべきだと考えているみたいです。

掃除機が必要か・不必要かのチェックリスト

ご協力いただいたアンケート結果を参考に、掃除機を持った方がいい人かそれとも必要性が薄い人かを決めるチェックリストを作りましたのでご参考にしていただければと思います。

1 カーペットやラグマットを敷いている □はい/□いいえ
2 自宅で料理をする □はい/□いいえ
3 髪の長さが長い(10㎝以上なら長い) □はい/□いいえ
4 マンションやアパートで隣の部屋の物音は気にならない □はい/□いいえ
5 虫やその死骸が落ちていたら間接的にでも触りたくない □はい/□いいえ
6 部屋・クローゼット等のスペース的に余裕がある □はい/□いいえ
7 掃除が面倒くさい □はい/□いいえ
8 掃除は風水的にも価値があると思う □はい/□いいえ

この中から3つでも当てはまる人であれば、一人暮らしでも掃除機は必要だと思います。

逆に、それ以下であるひとはクイックルワイパーやコロコロだけでも十分かもしれません。フローリングだったら掃除機は絶対いらないっしょって人もいるかもしれませんが、いくらフローリングであっても吸引力がないと取れないゴミはありますし、なんせある程度の広さであれば掃除機で一気にかけちゃった方が圧倒的に楽です。絨毯・カーペットを敷いている人については間違いなく掃除機が活躍すると断言します。毛の根本のチリやダニの死骸などはコロコロでは限界がありますからね。

一人暮らし向け掃除機の選び方

一人暮らし向けに限らず、掃除機を選ぶ際にはポイントが4つあります。

掃除機を選ぶポイント4つ
  1. ベースタイプ
  2. 価格
  3. 電源コード式 or コードレス式
  4. ごみ捨て方式

    これら4つのポイントを押さえておけば、後悔しない掃除機の買い物ができるかと思います。掃除機なんてどれでも良いと考えている方こそ、一度はこれらのポイントに目を通してもらえれば参考になると思います。

    ベースタイプ

    掃除機の種類は大きく分けて、『スティックタイプ』、『ハンディタイプ』、『キャニスタータイプ』、『ロボット掃除機』の4種があります。名前を聞けばどのような種類の掃除機のことかは想像できるかと思います。

    一応、キャニスタータイプについてだけ補足しますが、昔からある一般的な掃除機のタイプを指します。長いホースの先にヘッドが付いていて、本体部分がキャスターで動く仕様です。

    これらの掃除機の種類の中で、一人暮らしには『スティックタイプ』か『ハンディタイプ』をおすすめします。理由は簡単で、省スペースで済むからです。部屋の角やクローゼットの隙間に収納できるので、あまり邪魔にはなりません。

    また、ロボット掃除機も省スペースではありますが、大前提として、学生や若い方が一人暮らしの部屋で使用するには本体価格が非常に高いです。よほど部屋が広くない限りは、一人暮らしでロボット掃除機を選ぶ人は少ないです。

    価格

    掃除機の価格は、3,000円~60,000円程度の幅があります。もちろんダイソンのようにそれ以上に高い掃除機もあります。しかし、多くの掃除機は低価格のものでも吸引力は十分にあります。

    特に日本国内のメーカーであれば、安いモデルの掃除機でも日常使用している中では不便さはほとんど感じないかと思います。よって、一人暮らし用掃除機の価格は比較的安いものでも問題ありません。

    電源コード式 or コードレスタイプ

    断然、コードレスタイプがおすすめです。おそらく一人暮らしをしている人は、部屋にスペースが少なくて家具や雑貨等が点在しているかと思います。家具と家具の細かい隙間やカラーボックスの上など、掃除機に柔軟性が求められるからです。

    ただし、電源コード式でもコード自体はコードリール式で収納されるものがほとんどですので、掃除中に電源コードが気にならないのであれば問題ないと思います。

    ごみ捨て方式

    個人的にはサイクロン式がおすすめです。溜まったらゴミ箱へ捨てるだけですので非常に簡単です。紙パック式も溜まったら捨てるだけなのですが、紙パックは消耗品となるので、なくなったら買い足すのが少々面倒かなと思います。ごみを直接見たくない(触れたくない)という人は紙パック式の方がストレスが少ないですね。

    これらのポイント4点が決まれば、あとは好きなデザイン・好きなメーカーのものを購入してOKです。基本的に国内メーカーの掃除機であれば、いくら安いといっても実使用上で困るようなレベルのものはありません。

    「おれはお金をかけてでも吸引力にこだわるぞ!」っていう人であれば、あの世界一有名なダイソンのサイクロン掃除機を選ぶことを推奨します。

    公式オンラインストアはこちら

    一人暮らしにおすすめ掃除機【5選】

    どの掃除機を買っていいかを考えることさえ面倒だっていうのであれば、これから紹介する掃除機を買ってしまえば大丈夫です!価格・性能的に満足する掃除機を斡旋しましたので、ぜひ検討してみてください。

    コスパ重視

    とにかくコスパを重視したいと考える人におすすめのコードレス掃除機を紹介します。

    【Makita】 スティッククリーナー CL107FDSHW

    マキタCL107
    この価格にして、圧倒的な吸引力と軽快な取り回しが素晴らしい掃除機です。Makitaは電動ドリルなどの工具を扱うメーカーとしても有名で、製品品質の高さが評判です。電動工具メーカーならではの取り回しのし易さが流石です。軽くて使い勝手が良いので、一人暮らしの掃除に持って来いですね。女性にもおすすめです。


    コスパ+デザイン重視

    コスパも大事だけど、デザイン性にもこだわりたいという人におすすめしたい掃除機を紹介します。

    【APOSEN】 コードレス掃除機 APOSEN H10

    アポセンコードレス掃除機H10

    2wayタイプかつコードレス式なので、パイプ部分を外せばハンディクリーナーとして使用もできます。 使い分け交換ブラシが付属しますので、掃除をする場所に応じて、細かなゴミを逃さずラクラク掃除することができます。サイクロン式なのでワンタッチでごみ捨てが可能です。ちなみに、APOSENは2018年に創立した電気製品ブランドですが、コスパとしては評判も良好のようです。


    アポセンのコードレス掃除機については、別の記事にも個別でまとめていますのでご参照ください。

    あわせて読みたい
    APOSENってどこのメーカー?コードレス掃除機やロボット掃除機の評判について紹介! APOSEN(アポセン)という家電メーカーをご存じでしょうか。主にコードレス掃除機を扱っている新しいブランドです。一体どこの国のどんな会社なのか、また、商品の評判...

    価格重視

    掃除機として品質さえ問題なければ、安ければ安いだけ良いと考える人におすすめの掃除機を紹介します。

    【ツインバード】 サイクロンスティッククリーナー TC-EA35W

    ツインバードTCEA35W

    5,000円以下という低価格のシンプルな掃除機です。価格は安いですが、1.7kgという軽量でかつ吸引力も抜群(吸引仕事率70W)です。サイクロン式で紙パック不要です。ツインバードはものづくりのまち新潟県燕三条に本社を構える小型家電メーカー。品質と低価格を両立する信頼できるブランドです。


    ツインバードの掃除機については、別の記事でもまとめていますのでご参照ください。

    あわせて読みたい
    ツインバードってどこのメーカー?人気の掃除機やコーヒーメーカーの評判とは? ツインバードという家電メーカーをご存じでしょうか。調理家電や生活家電、その他諸々を扱っている家電メーカーです。そんなツインバードとはどこの国のメーカーで、ど...

    省スペース重視

    場所を取りたくない、とにかく省スペースで収まる掃除機が良いという方へおすすめを紹介します。

    【Panasonic】  スティッククリーナー MC-SBU1F

    パナソニックMCSBU1F

    超コンパクトなハンディとスティックの2Way式の掃除機です。紙パックレスなのでワンタッチのごみ捨てが可能です。細い筒形形状のスリムボディなので、そのまま握って持つことができます。掃除する場所によって持ち方を変えられるので非常に便利です。


    ハンディ重視

    ハンディタイプの掃除機が良いと考える方へおすすめの掃除機を紹介します。

    Holife】 コードレスハンディクリーナー

    Holifeコードレスクリーナー

    ハンディタイプなので家以外にも車の中なども使用できます。掃除が終わった後は充電スタンドに戻すだけです。人間工学に基づいたデザインとのことで、手首にかかる圧力をバランスよく分散します。静音設計でハンディタイプの割に騒音が小さいというのが利点です。


     

    一人暮らしのプロ(自称)の声

    実際に長年一人暮らしをしている私が掃除機について思ったことを自問自答形式で述べていきますね。

    Q, 一人暮らしで掃除する頻度はどのくらい?

    A, 掃除機をかけるのは1か月に2回ほど、クイックルワイパーを週に1回、コロコロを週に1回くらいです。あとはお客さんが来る際に軽く掃除機かけるくらいですね。あまり部屋を汚すタイプではないので、パッと見て部屋が汚れてなければ掃除するスイッチが入らないです。

    Q, いつも掃除はいつしてるの?

    A, 平日は基本的に仕事ですので土日や休日の午前中に掃除しています。休日は朝起きると部屋の散らかり具合が目立って見えるので、その勢いのまま掃除します。午前中に掃除すると、気分も晴れやかなまま休日を過ごせます!

    Q, 一人暮らしの掃除機の必要性についてはどう思う?

    A, 個人的には掃除機は必須と考えます。私の部屋はフローリングに小さいラグマットを敷いていて、面積でいえばフローリング6割ラグ4割です。フローリングはクイックルワイパーで十分奇麗に保てるのですが、ラグの上は大小さまざまなごみが付いてしまって、コロコロで表面上のごみを除去してもやっぱり毛元のごみまで取れないんです。だから掃除機は必要だと身に染みております。

    Q, ちなみに今使っている掃除機は何なの?

    A, つい最近まではパナソニックのMC-SU120Aという安価な掃除機を使っておりました。8年ほど前に発売されたものでなんですが、全然壊れなくて長持ちするんです!掃除機はシンプルな構造なので故障や不具合も起き難いのです。ただ、コード式であることが唯一の不満だったので、最近ダイソンのコードレス掃除機を導入してしまいました!

    まとめ

    一人暮らしをしていると、つい掃除を怠ってしまいがちの人も多いかと思います。定期的に部屋の掃除をするとしないとでは、生活の質に大きな影響を与えるのではないかと私は思います。

    ハウスダストによる健康への悪影響も大きいですし、風水的にも運気ダウンにつながるということも耳にします。

    掃除機を使うか使わないは個々それぞれですが、定期的にお部屋のメンテナンスをして生活の質を上げていきましょう。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    良ければシェアお願いします

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる