家電製品 調理家電

おしゃれな電気ケトル!人気・一押しおすすめ商品を紹介!【2020年最新版】

投稿日:2020年6月27日 更新日:

おしゃれな電気ケトル紹介

 

おしゃれな電気ケトルを探している方に向けて人気・個人的おすすめデザインのおしゃれケトルをまとめました。昨今、電気ケトル市場は国内メーカー・海外メーカーが多数参入しており、シンプルな電気ケトルからおしゃれでユニークな電気ケトルまで各社ともラインナップが豊富になっています。それらの中から、外観を重視したおしゃれで雰囲気のある電気ケトルをリストアップしてご紹介いたしますので参考になれば幸いです。

この記事では

・おしゃれな電気ケトルをお探しの方

・国内だけでなく海外メーカーの電気ケトルも欲しい方

 

に向けた紹介内容になります。

 

 

1.電気ケトルの主なメーカー

 

1-1.国内メーカー

・象印マホービン

言わずと知れた日本を代表する調理家電メーカー。ポットやケトルではマホービンという愛称でも親しまれています。

 

・タイガー魔法瓶

こちらも日本を代表する調理家電メーカー。水筒やポットが有名で炊飯器なども力を入れています。

 

・BALMUDA(バルミューダ)

2003年に東京で設立されたクリエイティブとテクノロジーの会社。高いデザイン性と心躍るような家電を造る最先端メーカー。

 

・récolte(レコルト)

可愛い見た目とシンプルな機能性で若い人から人気を集める家電ブランド。雑貨屋などでよく目にします。

 

・Vitantonio(ビタントニオ)

1906年、アメリカで生まれたVitantonio(ビタントニオ)は国内メーカーに引き継がれ、「世代を超えて愛される、ずっと続けたいデザイン」をコンセプトに世界中から探したデザインと質のいい家電製品に日本ならではの付加価値をつけたブランドです。

 

・APIX(アピックス)

扇風機や加湿機なども開発するメーカー。過剰機能・過剰装飾を排除してユーザビリティ性を重視するというコンセプト。

 

・mosh!(モッシュ)

ドウシシャという会社が扱う女性人気が高いブランド。なつかしいのに新しいというコンセプトで開発しています。

 

・deviceSTYLE(デバイススタイル)

ワインセラーやコーヒーメーカーをメインに商品を作るメーカー。デザイン性が高いのが特徴。

 

1-2.海外メーカー

・T-fal(ティファール)

ケトルといえば真っ先に思いつくのがティファールという方も多いはず。安価でシンプルな調理家電が得意。

 

DeLonghi(デロンギ)

世界的な家電メーカー。イタリアに本社を置き高級志向な家電を得意としており、洗練されたデザインが人気。暖房機や扇風機など幅広く展開していて日本でも知名度が高い。

 

・RussellHobbs(ラッセルホブス)

電気ケトルの生みの親と呼ばれるブランド。品質の高さやデザインのみでなく、技術力も優れたブランドとして知られ、ヨーロッパやアメリカをはじめ世界各国で高い評価を得ているイギリスの代表的な調理家電ブランド。

 

 

2.人気おしゃれ電気ケトルの紹介 【10選】

 

récolte(レコルト) Classic Kettle Clair

レコルトの定番人気ケトルです。クラシックなデザインが人気だった[Classic Kettle Libre (クラシックケトル リーブル)]をスッキリとしたデザインにリニューアルして発売されました。

湯切れがよく、細すぎない注ぎ口は、コーヒーのハンドドリップ・紅茶・インスタント食品などあらゆる場面で活躍します。 必要なだけお湯を沸かせる0.8リットルサイズ。丈夫なステンレス製で、本体カラーはレッド・ホワイト・ブラックの3色。

 

DeLonghi(デロンギ) アイコナ KBOE1230J-W/GY



超人気メーカーデロンギのシンプルな人気ケトルです。外観はすっきりとしたデザインで注ぎ口が細く伸びているのが特徴。注ぎ口の先端形状にも細かくこだわることで、注水位置が正確に決まるためコーヒーのドリップにも最適です。

狙ったところに正確に注げ、お湯をこぼしにくく、まわりに飛び散らない。注ぎやすさとデザインにこだわった、デロンギ史上初の細口ケトル。デロンギらしい洗練されたデザインと仕上がりの1L容量のアイコナ 電気カフェケトル。ピースフルホワイト、プレステージグレーからお好みにあわせて選べます。

BALUMUDA(バルミューダ)  BALMUDA The Pot

『小さくて美しいケトル』洗練されたデザインと品質の高さで人気の「BALMUDA The Pot」です。注ぎ心地の良さを追求、ハンドルは手に馴染みやすく、注ぎ口は湯切れがしやすいように詳細設計にこだわっています。湯切れが良いことでお湯を注ぐ際の速度も自由自在にコントロールしやすくためコーヒードリップにおすすめです。

毎日使いたくなるケトル。小さなサイズだから、湯沸かしがより手軽に。ステンレスに塗装をほどこした美しい質感とほんのりと光る灯台のような電源ランプが、1日に何度もくり返す湯を沸かす時間を楽しくします。

 

Vitantonio(ビタントニオ)  温調ドリップケトル ACTY

トップバリスタ監修のもとに設計・開発されたコーヒードリップ用の電気ケトルです。天然木製のハンドルと細口ノズルで注ぎやすいためコーヒーを淹れることが楽しくなります。温度設定も可能で、適温のお湯を作れるのも魅力的。1℃刻みで温度調節が可能で、設定温度に到達したらブザーでお知らせ。30分間の保温後自動で電源がオフになるので安全性としてもバッチリです。

狙った通りの温度と量とスピードで、ハンドドリップがもっと美味しく、楽しくなる、トップバリスタ監修の温調ドリップケトル。細口ノズルとハンドルの絶妙なバランス、細かな温度調節と独自の「バリスタ機能」で、コーヒーの味と香りをもっと引き出す理想のケトル。

参照:Vitantonio公式HP

Russell Hobbs(ラッセルホブス) カフェケトル 7412JP

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。クラシカルな洗練されたデザインと、技術力の高さから世界各国で高い評価を得ているロングセラー商品。ステンレス製+密閉構造であるため保温力が高いケトルです。間口が広いことで簡単に手が入るのでお手入れもしやすいのが特徴です。

10年以上前に生まれ、ほとんど変わらないデザインで
今も愛されているクラシックケトル。
そこには変える必要のない完成された美しさと機能性があります。
高い保温性と安全設計、そして使いやすさが、
いつもの暮らしをおいしく温めてくれます。

APIX(アピックス)  温調電気カフェケトル  AKE-290

コーヒードリップに最適なケトル。スタイリッシュな本体と合皮ハンドルがお洒落雰囲気抜群です。細口ノズルは水切れがよく、正確な位置にお湯を注げます。ステンレス製で冷めにくいのも魅力で、温度調節も可能。空焚き防止機能や自動電源オフ機能もあるため安全性という観点からも◎。

1℃単位で温度設定&保温が可能です。
コーヒーのドリップにぴったりな細口ノズルと
レザー調のハンドルがおしゃれな電気ケトルです。

参照:APIX公式HP

deviceSTYLE(デバイススタイル) KA-800C

アナログ式温度計を搭載した電気ケトル。注ぎやすいグースネック式ノズルを採用しており、コーヒードリップに最適です。デザインも白に木目調が入っていたりとモダンでナチュラルなお部屋にもピッタリ合います。

KA-800C は、コーヒードリップなどに最適なグースネック式注ぎ口を採用し、ホーローのようなホワイトカラーのステンレスボディーに木目の把手を組み合わせた新しいデザインです。淹れ頃の温度を確認するのに便利なアナログ式の温度計を蓋部分に装備しています。
また、1200W のハイパワーで、800cc 満水時でも沸騰までの時間は4分 – 4分30秒程度の短さです。(室温・水温ともに25℃時) 傾け方によって湯量がコントロールしやすいグースネック式なので、コーヒードリップのみならずお茶やインスタント食品など、生活の様々なシーンでご利用いただける電気ケトルです。

mosh!(モッシュ) M-EK1

女性に大人気。なつかしいのに新しい、“一味違うカタチ”を提案するブランド「mosh!」から登場した、ミルクタンクをモチーフにしたの電気ケトルです。シンプルな機能性と見た目の可愛さから毎日の食卓やティータイムを楽しく、ゲストのおもてなしをも華やかにしてくれます。

 

HAGOOGI(ハゴーギ) 電気ケトルGEK-1801

ちょっと変わったデザインのケトルです。温度設定が1℃単位で可能であり、リアルタイムで温度を表示してくれるため便利です。1時間操作をしないと自動で電源オフする機能や空焚き防止機能付きなので安全で省エネ性にも優れています。

 

Russell Hobbs(ラッセルホブス) Water Filter Kettle

浄水機能付きのとてもユニークなケトルになります。水道水を直接浄水してからお湯を沸かすことができます。見た目も独特な雰囲気を醸し出すデザインで高級感すら漂います。人を差をつけたいという方であればおすすめです。

日本仕様のBRITA Maxtraカートリッジで、不純物を除去し、日本人好みのまろやかで安心な水を作り上げます。
赤ちゃんのミルク作りにもお勧めです。

 

 

3.一押し!おすすめ超お洒落ケトル

お洒落な電気ケトルを紹介してきましたが、筆者一押しのデザイン性抜群のケトルを紹介します!

 

De’Longhi(デロンギ)の最先端モデルになります。

 

デロンギ アイコナ・トリブート  セレニタ[KBO1200J-TSC]



De’Longhiから日本限定モデルとして新しく発売されたシートペイント加工を施したケトルです。お洒落過ぎませんかこのケトル。日本とイタリアの文化を融合させたデザインコンセプトとのことで、他のケトルとは比較にならないほどおしゃれです。
上の写真にDe’Longhiの公式オンラインショップをリンクしておりますので、気になる方はぜひ見てください!

 

別デザインVerもあります。

デロンギ アイコナ・トリブート  ヴィゴーレ[KBO1200J-TDP]


こちらも同じシリーズで、日本とイタリアの文化を融合した特徴的なデザインの日本限定モデルです。

お洒落で可愛い独特なデザインが評判となっています。さすがイタリアの洗練された家電メーカーです。

 

この他にも、デロンギ・アイコナシリーズには人気モデルがありますので併せて紹介いますね!

 

デロンギ・ディスティンタコレクション [KBI1200J-BZ]



グッドデザイン賞を受賞しているモデルになります。コンパクトで使いやすく、見やすい水量計も付いていて便利です。

スクエア(四角)とサークル(丸)が融合された独特の「スクエアクルデザイン」。シンプルに見えますが複雑で高度なモールディング技術が必要とされ、13段階もの成型工程を経て作られています。

 

 

 4.おしゃれなケトルの買い方・購入場所

 

デザインにこだわったケトルを購入したい場合、オンラインショップでの購入が最適です。

家電量販店や雑貨店でも店頭にあることはありますが、種類が少ないため自分の満足するものにはまず出会えないと思います。

オンラインショップであれば、好きなだけ好みのデザイン仕様のケトルが探せます。送料もいくら以上であれば無料というのが一般的ですので、だいたいの家電であれば送料はかかりません。

 

前項で一押しした、De’Longhi(デロンギ)の電気ケトルも店頭ではまず見かけませんが、デロンギの公式オンラインショップでは送料無料で購入が可能です。

他のシリーズのものと比較しながら購入できますので間違いなく有効的です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

5.まとめ

 

家電製品もお洒落で機能的な商品はたくさんあります。

電気ケトルも同じで、今回紹介したようなインテリアとしても活躍するモデルもありますので、『おしゃれケトル』検討してみてはいかがでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-家電製品, 調理家電
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

石油ファンヒーター 比較

石油ファンヒーターのメーカー比較!ダイニチ・コロナ・トヨトミの特徴と違いを解説

  石油ファンヒーターのメーカーといえばダイニチ(dainichi)やコロナ(CORONA)、トヨトミ(toyotomi)など暖房機器をメインに扱う会社が有名です。しかし、実際に石油ファンヒ …

電気ストーブの選び方

電気ストーブの選び方と購入時の注意ポイント!買う前に必ず確認すべきこと

  電気ストーブの購入時は気を付けるべき選び方のポイントがあります。電気ストーブについて何も知らずに購入すると間違いなく後悔します。まずは選び方のポイントを抑えた上で、種類と特徴から自分に最 …

電気ストーブの種類とおすすめ

電気ストーブの種類とおすすめ|知らないと損する電気ストーブの注意事項!

  電気ストーブは手軽ですぐ暖められる点が人気を集めています。そんな電気ストーブには種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。ご使用の環境と目的に応じた電気ストーブを選ぶことで、 …

アポセンとは

APOSENってどこのメーカー?コードレス掃除機の評判について紹介

  APOSEN(アポセン)という家電メーカーをご存じでしょうか。主にコードレス掃除機を扱っている新しいブランドです。一体どこの国のどんな会社なのか、また、商品の評判はどうなのかをまとめて紹 …

ヒートショック対策には壁掛け式電気暖房機がおすすめ

ヒートショック対策には壁掛け式電気暖房機がおすすめ!

  ヒートショックは急激な温度差による身体への負荷のことです。冬は暖かい部屋と寒い部屋の室温差が10℃以上になることも珍しくありません。ヒートショックの対策には部屋間の温度差を無くすことが重 …

新しい記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031