石油ファンヒーターの効果的な使い方|灯油代・電気代を節約できるお得な使い方とは

石油ファンヒーター 効果的な使い方

石油ファンヒーターを効果的に使うポイントを紹介します。暖房器具の使用で気になるのが電気代や灯油代などのランニングコストではないでしょうか。節約したいからと言って寒さを我慢するのは賢くありません。そんな方の為に灯油代や電気代を節約しつつ、効率的にお部屋を暖房できる石油ファンヒーターのお得な使い方を解説します。

目次

石油ファンヒーターのメリット

今ではエアコンや電気ストーブなど多種多様な暖房器具が溢れかえる中で、石油ファンヒーターはひと昔前からずっと根強い人気を誇ります。石油ファンヒーターの魅力やメリットはどこにあるのでしょうか。

速暖性

石油ファンヒーターの最大の強みが速暖性にあります。エアコンやセラミックファンヒーターなどの電気ストーブと比較すると差は歴然です。

石油やガスを使用した暖房器具は燃料を燃焼することによって得た熱量を暖房としますので、圧倒的な暖房能力を有することは言うまでもありません。運転を開始した直後から暖かい風を吹き出し、部屋中の空気を対流させながら暖房します。

寒い地域である東北地方や北海道では、石油ファンヒーターやガスストーブが強く支持されていることからも、暖房能力が高いことは明らかです。

加湿する

石油ファンヒーターは燃焼するのに灯油を使用しますので、暖房しながらお部屋を加湿します。灯油1Lの燃焼で1Lもの水がお部屋の空気中へ放出します。

通常、お部屋の温度が上昇すると湿度(相対湿度)は低下します。その為、暖房器具を使用して部屋が温まるにつれて湿度はどうしても下がってしまいます。エアコンやセラミックファンヒーターは一切加湿しないので、温度上昇に合わせて湿度低下が顕著に表れます。

しかし、石油ファンヒーターやガスストーブでは加湿しながら暖房しますので、室温が上がっても湿度がなかなか下がりにくいです。新築住宅や賃貸物件では石油暖房器具の使用を控えるように言われますが、それも加湿することによる結露を懸念してのことです。

石油ファンヒーターが加湿する原理については他の記事で解説しています。気になる方はチェックしてみてください。

石油ファンヒーターにかかる費用

灯油代

石油ファンヒーターは灯油を燃料として燃やす暖房器具なので、灯油代が掛かります。加えて、コンセントに繋いで運転制御しますので電気代も掛かります。つまり、石油ファンヒーターの使用に伴うランニングコストは『灯油代+電気代』です。

実際にそれぞれの費用はいくらくらいかかるのでしょうか。

灯油代

灯油の単価は、ガソリン価格と同じで情勢によって変動します。その為、灯油の使用量から灯油代を算出する際は現在の灯油価格を知る必要があります。また、地域や販売元によっても変わるので、ざっくり1ℓ当たり100円と考えておけば良いでしょう。

灯油の単価が分かれば、あとは石油ファンヒーターが使用する灯油の量を把握すれば1か月当たりの灯油代が算出できます。石油ファンヒーターの製品仕様欄には暖房出力(kW)と並び、燃料消費量(L/h)が表記されています。この燃料消費量が1時間当たりに消費する灯油量を示しています。

灯油使用量は、火力を弱めたり省エネ機能の使用によって節約することが可能です。詳しい内容は後の項目で解説します。

暖房出力(kW)は燃料消費量(L/h)から換算していますので、暖房出力が同じであれば燃料消費量も同じになります。

電気代

電気代は灯油とは異なり、地域や電力会社によって価格が定められていますので、大きく変動することはありません。

そもそも、石油ファンヒーターが使用する電力量は、他の暖房器具と比較すると非常に少ないです。ダイニチの石油ファンヒーターはコロナやトヨトミに比べて消費電力が高く、電気代が高いですが、それでも1か月当たりで1,000円くらいが目安となります。(ダイニチ;FW-3721SGX、最大火力で1日8時間使用の算出結果)

よって、石油ファンヒーターのランニングコストを節約する際には電気代はウェイトが少ないため、灯油代の節約に努める方が賢明と言えるかもしれません。もしくは、消費電力が少ないコロナやトヨトミの石油ファンヒーターを使用することが電気代の節約に直結します。

石油ファンヒーター業界でNo.1低消費電力の『コロナ;FH-WZ3621BY』の場合、1か月当たり61.5円、1シーズンでも246円という驚きの電気代の安さを実現しています。(ダイニチと同じ条件で算出した結果)

石油ファンヒーターの効果的な使い方|節約術

石油ファンヒーターをお得に効果的な使用するために心得ておきたい3つのポイントがあります。灯油の節約、電気代の節約の両方に繋がるポイントです。

節約ポイント
  • 暖め過ぎない
  • 温度ムラを無くす
  • 燃焼効率を維持する

このポイントを意識することで、どんな環境のお部屋でも石油ファンヒーターを節約して使うことができます。そして、これらを実現するためには、実際に何をどうすれば良いのかを説明します。

①窓際に設置する

石油ファンヒーター 窓際に設置
出典:コロナ公式HP

石油ファンヒーターを窓際に設置するだけで、室内の温度ムラを減らして無駄な暖房を削減することができます。

窓は外気からの影響を最も受けやすく、冷気が部屋に侵入しやすい箇所です。窓から侵入してくる冷気を石油ファンヒーターが吸い込み直接暖めてから放出することで、部屋の中は温風として循環しますので効果的です。

窓際以外の場所に設置した場合、窓からの冷気は部屋の中に侵入し床付近へ下降します。その時点で冷気として部屋に居座ることになり、場所によっては寒さを感じてしまいます。更に、冷気が流れ込むことで室温は下がり、無駄な暖房消費をしてしまうことにもなります。

また、石油ファンヒーターが吹き出す温風は、暖かい空気として上昇しやすい性質を持ちます。そのため、床付近に停滞している冷気を効率的に循環させることは難しいと言えます。それを解決するためにも、窓際に設置して直接暖めて放出することが最善策となります。

②サーキュレータを併用する

サーキュレーター 暖房併用
出典:アイリスオーヤマ暮らし便利ナビ

扇風機やサーキュレーターを併用して空気を循環させることで、偏りやすい暖かい空気と冷たい空気を早く中和することができます。

サーキュレーターの置き方のコツ

サーキュレーターを石油ファンヒーターと併用する際に置き方のポイントがあります。

サーキュレーターの置き方

・天井へ向けて送風する

・天井付近から下へ向けて送風する

肝となるのは、部屋の天井付近(上側)に暖かい空気が溜まりやすいということです。暖かい空気をいかに上手く循環させるかが重要です。

天井(上側)へ向けて送風することで、サーキュレーターの風によって分散することができます。また、天井付近など上側にサーキュレーターを置いて下側に送風することでも同様の効果を得ることが可能です。

ただし、石油ファンヒーターと併用する際に注意しておきたいのが、サーキュレーターの風を石油ファンヒーターに直接当てないということです。サーキュレーターの強力な送風が直接当たると、少なからず燃焼状態に影響してしまうと考えられます。可能な限り、風が直接当たらない向きで送風することが良いでしょう。

③循環を妨げない

石油ファンヒーター 循環を妨げない
出典:コロナ公式HP

家具の配置などによって石油ファンヒーターによる空気の対流や循環を妨げないことも重要です。

部屋の隅々まで温風を循環させるためには、障害物となる家具や置物を避けると効果的です。特に広いお部屋ほど、石油ファンヒーターの温風が端まで届きにくいため、少しでも循環しやすい経路を作ってあげることが大切になります。

無駄な暖房を減らすためには、無駄な家具やモノを減らすことも重要ということになります

④省エネ機能を使う

出典:コロナ公式HP

省エネ機能が搭載されている石油ファンヒーターであれば、通常運転よりも省エネ機能を使った方が灯油や電気代の節約に繋がります。

全ての石油ファンヒーターに搭載されている訳ではありませんが、8割ほどは何かしらの省エネ機能が搭載されています。各メーカーによっても詳細な制御は異なりますが、ダイニチは『ecoおまかせモード』、コロナは『新ecoモード』『小部屋モード』、トヨトミは『エコモード』という機能名称で搭載されています。

これらの省エネ機能を使用することで、設定温度を自動的に下げたり、室温変化に合わせて無駄のないように火力を自動コントロールします。室温を上げ過ぎず、賢く快適に節約できます。

コロナの『新ecoモード』では、暖まり過ぎると一度自動的に消火し、設定温度に対して下がってきたら自動で再点火します。自動的に着いたり消えたりするのでお得感がよりいっそう感じられます。

⑤空気取り入れ口を掃除する

石油ファンヒーター フィルター掃除
出典;ダイニチ公式HP

石油ファンヒーターの背面にある空気の取り入れ口やフィルターをキレイに保つことも節約に繋がります。

空気取り入れ口をキレイにすることで、燃焼に必要な空気を十分に供給することができ、理想的な燃焼状態を保持することが可能です。空気取り入れ口やフィルターにホコリが溜まってしまうと、必要な空気量を確保することができず、燃焼効率が低下してしまいます。燃焼効率が低下すれば灯油の無駄な消費が増えてしまう恐れがあります。

出典:ダイニチ公式HP

節約のためだけでなく、安全に使用するためにも定期的に取り入れ口やフィルターに溜まったホコリを掃除することをおすすめします。

まとめ

灯油やガソリン価格の高騰で、暖房器具の使用を少しでも減らしたいと考える方も多いかと思います。しかし、寒い冬を乗り切るためには、石油ファンヒーターは無くてはならない存在であることも事実です。

寒さを我慢して節約するのではなく、暖をしっかり取った中で灯油や電気代を賢く節約しながら使用していきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
良ければシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる