家電製品 暖房家電

オイルヒーターとは|メリットとデメリットについて解説!おすすめのオイルヒーターも紹介!

投稿日:

オイルヒーターのメリットとデメリットとは

 

オイルヒーターってあまり馴染みが無いという方も多いのではないでしょうか。石油ファンヒーターやエアコンなどに比べて存在が薄いというのも事実です。しかし、オイルヒーターにはオイルヒーターなりのメリットがあり、知る人ぞ知る隠れた暖房器具の優等生でもあるのです。そんなオイルヒーターについて全然知らないという方や、これから暖房器具を導入しようと考えている方に向けて、オイルヒーターの概要とメリット・デメリットまで解説します。

 

 

1.オイルヒーターとは

オイルヒーターとは

オイルヒーターとは、その名前の通り器具の内部にオイルが入っている暖房器具です。電気で暖められたオイルが器具の中を循環することで、器具表面から放熱します

輻射熱で直接身体を暖めたり、室温との温度差による対流で部屋全体を暖めます。遠赤型電気ストーブのように局所的に輻射熱で暖めるのではなく、輻射に加えて対流を起こしますので部屋全体がゆっくり暖まっていきます

昔からある暖房器具ではありますが、暖房効率があまり良くないために一般家庭では使われる機会が少なかったようです。病院や介護施設の壁にパイプのような形で取り付けられた暖房器具も一種のオイルヒーターです。若年層には見覚えが無い方も多いようです。

オイルヒーターって気づいていないだけで、実は色んな施設等で使われているんです!

 

 

2.オイルヒーターのメリット

 

既にオイルヒーターのイメージから分かるかと思いますが、オイルヒーター特有のメリットがいくつかあります。

 

触れてもやけどしにくい

やけど

オイルヒーターは暖められたオイルが器具内部を循環します。そのため、表面のパネル部分は電気ストーブほど高温にはなりません。多くのオイルヒーターの表面温度は60~90℃程度です。一時的に触れてしまってもやけどする温度ではありません。対して、石油ストーブや電気ストーブの高熱部は熱いところで200℃以上にもなります。その高熱部に一瞬でも触れると間違いなくやけどしてしまいます。

やけどしにくいというメリットは、小さいお子様や小動物を飼っている家庭では非常に魅力的だと思います。昔から病院などで使用されてきたのも、誤って触れてしまった場合でもやけどをしにくいからなのではないでしょうか。

 

温風(風)が出ない

温風

オイルヒーターは輻射熱に加えて対流も起こします。しかし、この対流は自然の法則を利用した対流ですので、ファンを回転したり強制的に温風を吹き出す訳ではありません。じわじわと暖かい熱が部屋に広がっていくようなイメージで、身体にも風を感じませんので居心地の良い暖かい空間を創りだします。

エアコン暖房やファンヒーターのような風が出る暖房器具が嫌いな方には非常におすすめしたいです。

 

音が静か

風を出さない、ファンを回さないということは騒音値も非常に小さいということです。電気で内部のオイルを暖めているだけですから、音源となる部位もありません。

寝ている最中など、寝室での利用に最適です。

 

空気を汚さない

電気ストーブ全般に当てはまることですが、オイルヒーターも空気を汚しません。ヒーターに通電しているだけですので、石油ストーブやガスストーブのように燃焼ガスを大気中に排出することもありません。

お部屋の換気が必要ありませんので、断熱性の高いご家庭やお部屋での使用に適しています

 

手入れしやすい

お手入れ

放熱部の構造がシンプルですので、お掃除が非常に簡単です。放熱パネルの表面についたホコリを軽く拭くだけでOKです。隙間にごみが詰まるような心配もありません。放熱パネルの部分は軽くであれば水拭きも可能ですので、いつまでも綺麗な外観を保つことができます。

お掃除やメンテナンスが面倒という方におすすめです。

 

乾燥しにくい

理想の湿度

乾燥しないと言ったらウソになります。お部屋の温度が上昇すれば相対湿度は必ず下がります。ここは誤解が無いようにお願いします。

石油ファンヒーターや石油ストーブのように大気中に水分を放出して加湿する暖房器具もありますが、エアコンや電気ストーブは加湿は一切しません。ですので、お部屋の温度が上昇すればするほど当然ですが湿度は下がります。

しかしオイルヒーターでは、エアコン暖房のように一気に温風を送り出して室温を上げるという訳ではありません。じわじわとお部屋を暖めていきますので、乾燥を感じにくいというのが正しい言い方になります。

あくまで加湿する訳ではありませんので、必要に応じて加湿器を併用するのも良いでしょう。

 

 

3.オイルヒーターのデメリット

 

オイルヒーターにも大きなデメリットがあります。それ故に世間に浸透しにくい暖房器具でもあるのかなと思います。以下で取り上げるデメリットが気にならないというのであれば、オイルヒーターは優れた暖房器具として重宝するかと思います。

 

暖まるのに非常に時間がかかる

暖房能力が弱いというのが大きな欠点になります。運転を開始してからお部屋全体が満足のいく室温になるまでには非常に時間がかかります。

オイルヒーターは、まず電気をヒーターに通電してヒーターが発する熱をオイルに与えます。そしてそのオイルが器具の表面に伝熱して、表面のパネルからお部屋に放熱するという仕組みです。仮にヒーターの熱が100%だったとしても、お部屋に放熱するまでには70%とかに落ちてしまうということです。(あくまでイメージです)石油ファンヒーターであれば燃焼熱を100%大気に放熱しますし、電気ストーブはヒーター熱をそのまま放熱しています。

確かに表面の温度はやけどしない程度だものね・・・

そういうこと!やけどしにくいってことは逆に言えば暖房能力を落としているということです。表面温度が高ければ高いほど放熱量も多いですからね。

 

ただし、ゆっくり温度が上がっていく方が好きという方も少なからずいらっしゃいます。温度変化が緩やかなので身体には優しい暖房器具ということです。

 

電気代が結構かかる

電気代

暖房能力が弱いことと繋がりますが、暖房効率が悪いです。理由は先に説明した内容と同じになります。設定温度まで室温を上昇させる為にはハイパワーで長時間運転することになります。更に、室温を維持するためにも暖房能力が弱いため、設定温度に達してからも多くの電気を使います。

使用環境によっても暖房効率は変わってくるため具体的な電気使用量は述べませんが、エアコンや石油ファンヒーターとは比較にならないほど電気代が掛かります。

オイルヒーターの仕組み上やむを得ないため、電気代を気にするという方には向かない暖房器具です。

 

筐体が大き過ぎる

オイルヒーターの筐体

お分かりの通り、オイルヒーターはサイズが非常に大きいです。小型のものも一部売られていますが基本的にデカいです。

マンションやアパートのような狭いお部屋にお住まいの方には、スペース的に厳しいという方も多いです。冬が終わって片付けるにしても、しまう場所が限られます。処分する際も粗大ごみになりますので扱いにくいのが難点です。

 

本体価格が高い

価格

最近ではアイリスオーヤマのような低価格のオイルヒーターも増えてきましたが、デロンギのような高価格なオイルヒーターが主流でした。ただ、価格についてはどの暖房器具と比較するかにもよりますので、一度他の暖房器具についても調べてから判断される方が良いかと思います。

 

 

4.おすすめのオイルヒーター

 

オイルヒーターで人気のメーカーは、デロンギアイリスオーヤマユーレックスなどがあります。中でもデロンギのオイルヒーターが断トツで強いです。デロンギのオイルヒーターは高価ではありますが、インテリア性の高いおしゃれな外観が魅力的です。

 

デロンギのオイルヒーター

HJ0812

デロンギHJ0812出典:デロンギ公式オンラインショップ

デロンギのオイルヒーターの中でも1位、2位を争う人気モデルです。2015年にグッドデザイン賞を受賞してから一層人気を集めています。ベーシックモデルですがデジタル操作で使いやすく、チャイルドロックなど安全性にも配慮しています。


 

アイリスオーヤマのおすすめ

KIWH2-1210D-W

アイリスオーヤマKIWH2

出典:アイリスオーヤマ公式通販サイト

アイリスオーヤマの見た目が特徴的なウェーブ型オイルヒーターです。メカ式とマイコン式がありますが、写真はメカ式のモデルです。マイコン式の方が多くの制御機能が搭載されていますが、蛇足な機能は必要ないという方はメカ式が安価でおすすめです。



 

ユーレックスのおすすめ

VF-M7U

ユーレックスのオイルヒーターVF-M7U

出典:ユーレックス公式HP

ユーレックスは日本のオイルヒーター専業メーカーです。専業ともあってラインナップが非常に豊富です。その中でもVF-M7Uシリーズはコンパクトなミニオイルヒーターで、カラーバリエーションも4種類あります。一人暮らしや、足元などのポイント暖房にはミニオイルヒーターも面白いですね。


 

5.まとめ

 

オイルヒーターは、安心・安全・クリーンな暖房器具です。

エアコンや石油ファンヒーターを今まで使っていたという方にも、オイルヒーターの良さを一度知って頂けたら、暖房器具に対する考え方が変わるかもしれません。

冬の快適なあったかライフをオイルヒーターで送ってみてはいかがでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-家電製品, 暖房家電
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

セラミックファンヒーターの電気代

セラミックファンヒーター|電気代が高い?セラミックファンヒーターの正直な意見をお伝えします!

  セラミックファンヒーターは気軽に買えて手軽に使える暖房機器です。コンセントを繋ぐだけで温風を吹き出してくれる為、寒い冬に着けてすぐ暖まり便利です。ですが、セラミックファンヒーターの電気代 …

おしゃれな石油ファンヒーター

おしゃれな石油ファンヒーターを厳選!お部屋のコーデに合うモデル【10選】

  石油ファンヒーターは寒い冬には欠かせない家電製品です。地域によっては秋の終わりから春先まで部屋に出しっぱなしの方も多いでしょう。だからこそ、自分の部屋スタイルに合ったおしゃれな石油ファン …

石油ストーブのメリットとデメリット

石油ストーブのメリットとデメリットとは?知っておくべき知識を紹介

  石油ストーブのメリットとデメリットについて紹介します。石油ストーブはひと昔前から日本中で活躍している暖房機の代表ですが、最近では見かけることも減ってきました。しかし、ある出来事をきっかけ …

除湿機のメーカーシェア

【除湿機】メーカーの市場シェア・各社の特徴と評判について紹介

  家庭用の除湿機を扱っている家電メーカー(ブランド)の市場シェアと、各社除湿機の特徴について簡単にご紹介いたします。購入を検討している方の参考になればと思います。   この記事の …

石油ファンヒーター|使用上の注意点【意外と知らない?】

石油ファンヒーターは冬に欠かせない暖房機です。電気暖房機とは暖かさが全く違いますので愛用している人も多いと思います。ですが、石油ファンヒーターの使用には注意点がいくつかあります。使用する前からシーズン …

新しい記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031