家電製品 空調家電

ブルーエアはどこの国のメーカー?人気の空気清浄機の評判や口コミに迫る!

投稿日:2021年3月13日 更新日:

ブルーエアとは

 

ブルーエア(Blueair)という家電メーカーをご存じでしょうか。ブルーエアは空気清浄機の専業メーカーで、世界各国で高い人気を誇ります。そんなブルーエアとは一体どこの国のメーカーなのか、どのような空気清浄機を開発しているのか紹介します。また、ブルーエアの信頼性や評判はどうなのかについてもまとめて紹介いたします。

 

1.ブルーエアとは

ブルーエアとは

ブルーエアとは、スウェーデンに本拠地を構える空気清浄機の専業メーカーです。ブルーエアの開発する空気清浄機は世界シェアでトップクラスを誇り、空気清浄力でも世界基準No.1を確立しています。

ブルーエアは、1996年にスウェーデンのストックホルムで空気清浄機専業メーカーとして創業しました。「人は誰でも、きれいな空気の中で生活をする権利がある。」という考えから空気清浄機の開発を続け、世界でもトップの信頼性と実績を築き上げてきました。今や欧米や中国を始めとする世界60か国で絶大な支持を得ています。

日本に上陸したのは2010年のことで、空気清浄機「Blueair 650E」など3モデルをリリースしました。その後、2012年には空気清浄機「Blueair Sense」が日本でグッドデザイン賞を受賞し、デザイン性の高さについてもお墨付きとなりました。日本では、パナソニックやダイキンなどの大手家電メーカーらが空気清浄機を多数開発・販売しているためか、ブルーエアというメーカー名すら聞いたことが無いという人も多いでしょう。しかし、ブルーエアの空気清浄機は清浄性能や実用性を比べると、日本の大手家電メーカーでさえもブルーエアには及ばない点が多々あるほど、非常に高品質な製品となっています。

with the power of clean air
きれいな空気は私たちの生活をより良くします。
走ること。遊ぶこと。家族を愛すること。眠ること。考えること。
きれいな空気の力で、私たちはあらゆることを実現できるのです。

引用:ブルーエア公式サイト-ブルーエアとは

SNSも設営されてますので参考までにどうぞ。

●facebook:Blueair Japan Official@BlueairJapan

●Twitter:Blueair(ブルーエア)【日本公式】@blueair_jp

●Instagram:blueair_japan

●Youtube:Blueairjapan

 

▼空気清浄機について気になる方は、他にも参考になる記事を書いていますのでご参照ください。

参考記事 空気清浄機は新型コロナウイルスに効果があるのか|空気清浄機がもたらす効果を解説!

参考記事 空気清浄機の選び方|失敗しない選び方のポイントとおすすめモデル紹介!

 

 

2.ブルーエアの魅力と評判

ブルーエアのメーカーとしてのコンセプトや、会社概要については紹介しました。スウェーデンに本社を置く空気清浄機専業メーカーではありますが、専業メーカーならではの強みがありますし、北欧スウェーデンだからこその良さも多いかと思います。そんなブルーエアの魅力と、実際の評判について見ていきましょう。

 

ブルーエアの魅力とは

ブルーエアの空気清浄機、もしくはブルーエアというメーカーそのものが世界的に人気を集めるのにはもちろん理由があります。その魅力について代表的なところ3つを紹介します。

 

業界最高峰の空気清浄能力

空気

冒頭の紹介でも言いましたが、ブルーエアの空気清浄機は世界基準No.1の性能を有しています。この世界基準というのは、米国家電製品協会(AHAM)によるクリーンエア供給性能に関する基準CADR値のことです。アメリカやカナダ、中国、韓国等で利用されていることから事実上の世界基準となっています。このCADR値は、1分間あたりに供給する清浄な空気の量を表す指標であり、数値が高ければ高いほど空気清浄機の能力が高いということになります。

ただし、日本の家電メーカーの空気清浄機は、基本的に日本基準JEMA規格で定められていますので、世界基準CADRで示すことはほとんどありません。そのため、同じ指標での比較が難しいですが、世界基準CADRの方がJEMA規格よりも厳しい条件となっていますので、ブルーエアの空気清浄機が世界トップクラスであることは間違いありません。ちなみに、日本ではカド-(cado)が初めてCADRで最高値を獲得しました。

そんな世界基準No.1の空気を実現するのには、独自技術の「HEPASilentテクノロジー」が肝となっています。イオナイザーという部品を通過する際に汚染物質をマイナス帯電させることで、プラス帯電した異なる目の粗さの多層フィルターでキャッチします。これにより、0.1μm以上の微粒子を99.97%まで除去することが可能です。空気清浄機の専業メーカーならではの技術力が世界を牽引しています。

Amazonや楽天市場のレビューコメントでも、ブルーエアの清浄能力を実感したという人は多く見受けられます。実際に購入した人の声が実力を表していると思いますので、購入を検討している方は参照してみてください。

 

北欧デザイン

北欧デザイン

ブルーエアの魅力はデザインにもあります。コンセプトはシンプルな美しさを追求した北欧デザインということです。そんなブルーエアのデザインは、様々なインテリアに調和することができ、ライフスタイルに溶け込みます。

北欧ならではの考えの一つに、「いいものを長く使う」という思想があります。ブルーエアもこの思想に基づき、時代を超えて愛されるデザインにこだわっています。そのデザインの美しさ故に、グッドデザイン賞を始め各国のデザイン賞をいくつも受賞しています。実際にブルーエアの空気清浄機を購入した人からは、シンプルなデザインが気に入ったから購入したという声も多いですし、高性能+高デザインが非常に評判のようです。

 

サポート対応

サポート対応

サポート対応については言うまでもありませんが、ブルーエアの品質保証やカスタマーサービスは一流です。これも世界でトップを走るメーカーであることに繋がります。

商品のメーカー保証期間は、空気清浄機業界最長の3年間です。保証期間内であれば無償で修理対応してくれます。ただし、正規販売店以外の購入時に限って保証期間が異なる場合もありますので、購入時は念のため確認をした方が良いです。

サポート対応については、安心できる日本国内でのサポートが用意されています。日本では唯一のオフィシャルサポート機関「ブルーエアサービスセンター」で専門のスタッフが丁寧に対応してくれます。各種お問合わせについても用意されていますので、公式ホームページからフォームでのお問合わせや電話でのお問合わせからご連絡ください。また、ユーザー登録することでより質の高いサービスが受けられますので、ブルーエア商品を購入した際はぜひご登録ください。

 

 

 

3.ブルーエアの空気清浄機①

まずは、ブルーエアのプレミアムシリーズ「Protect」の紹介です。空気清浄機業界最高峰のブルーエアの中で、最先端となるモデルですから、性能・機能・デザイン全てを揃えた空気清浄機となっています。このシリーズには6つのモデルがあり、適用床面積が70畳対応用と40畳対応用がラインナップしています。

 

Protect 7410i

ブルーエア 空気清浄機Protect7470i

出典:amazon

適用畳数 清浄時間(8畳) 参考価格
40畳 約7分 \92,800

ブルーエアが誇るプレミアムシリーズの空気清浄機です。先進的な技術を多数搭載したハイエンドモデルで、HEPASilent Ultra™テクノロジー、GermShield™テクノロジー、SpiralAir™テクノロジーという3つの技術が相互効果を発揮することによって空気清浄力も最高峰で0.03μmまでのウイルスレベルの超微細粒子を99%以上除去することができます。

性能だけでなく、インターフェイスは空気の汚れ具合の可視化を追求しています。デザインは、A3用紙ほどの設置面積で、上質な質感とモダンなデザインがブルーエアの美しさを表現しています。また、スマートコントロールというWi-Fi機能によってアプリと連動し、各種設定や空気状態のモニタリングまで可能です。まさに最高峰の空気清浄機です。

価格が高いと感じてしまいますが、費用対効果で考えれば妥当です。むしろ、これだけの多機能・高性能をこの価格で購入できるのはコスパ良過ぎるのでは?

 

 

 

Protect 7740i

ブルーエア空気清浄機Protect7740i

出典:amazon

適用畳数 清浄時間(8畳) 参考価格
70畳 約4分 \132,800

こちらは70畳用モデルなので、40畳対応の7410iよりも空気清浄力は高いです。8畳の大きさであれば僅か4分ほどで空気清浄を完了させます。その他の基本仕様については、7410iと同様です。HEPASilentテクノロジー、スマートコントロールなど標準装備です。

適用畳数が大きければ大きいだけ清浄する能力とスピードは速くなります。実際の部屋畳数がそこまで無くても大き目を買うのがセオリーです。

 

 

 

 

4.ブルーエアの空気清浄機②

次に紹介するのはブルーエアの空気清浄機の中で特にデザイン性に注力したモデル「Sense+」シリーズです。全てのボタンさえ無くしてしまい、革新的なミニマルデザインが注目を集めています。世界の様々な国でデザイン賞を受賞した正真正銘のインテリジェント空気清浄機です。カラーバリエーションは6種類で、レッド、グリーン、ブルー、ホワイト、グレー、ブラックから選べます。※既に販売終了しているカラーもありますので、ブルーエアの公式HPにてご確認ください。

 

Sense+ Midnight blue

ブルーエア 空気清浄機Sense+

出典:amazon

適用畳数 清浄時間(8畳) 参考価格
20畳 約14分 \54,500

6色の中でも人気の高い「Midnight Blue」です。操作ボタンはありませんが、天面にモーションセンサーがあり、タッチレスで操作することが可能です。また、スマートコントロール対応でアプリ上から自分の好きな設定にすることができ、リモート操作も可能です。

Sense+もHEPASilentテクノロジーを搭載していますので、0.1μ以上の微粒子を99.97%まで除去することができます。

色が違っても仕様は同じなので、ここではミッドナイトブルーしか紹介しません。他のカラーが気になる方は公式HPからチェックしてみてください。

 

 

 

 

5.ブルーエアの空気清浄機③

ブルーエアの空気清浄機の中にはカジュアルなモデルもあります。「Blue Pure」というシリーズはシンプル&カジュアルさを求めた、どんなお部屋にも馴染みやすいデザインとなっています。子供部屋から寝室、リビングまで場所を選びません。

 

Blue Pure 231

ブルーエア 空気清浄機BluePure231

出典:amazon

適用畳数 清浄時間(8畳) 参考価格
39畳 約8分 \39,000

Blue Pureには2つのモデルがありますが、この231は人が集まる場所や広い空間も対応できます。360°全周囲から吸引しますので設置場所を選びませんし、お部屋の中央付近に置くことで非常に効率良く空気清浄できます。下半分の外側黒い部分はプレフィルターとなっていて、好みに応じて他カラーのプレフィルターに付け替えることができます。操作方法はボタン一つで簡単に行えます。

カジュアルさがコンセプトですが、空気清浄力は文句なしの性能を備えていますのでご安心を!

 

 

 

Blue Pure 411

ブルーエア 空気清浄機BluePure411

出典:amazon

適用畳数 清浄時間(8畳) 参考価格
13畳 約20分 \18,000

この411モデルは、小さめの部屋やパーソナル空間に最適なコンパクトボディとなっています。その他の仕様は基本的に231と同様で、360°吸引で効率的な空気清浄が可能です。ブルーエアにしてはお手頃な価格で、エントリーモデルとしても選びやすいと思います。

運転音が静かな製品として認められた証である「QuietMark」を取得していますので、使用時の運転音が気になる方におすすめします!

 

 

 

 

6.ブルーエアの空気清浄機④

ブルーエアには車用の空気清浄機もあります。車内の空気が汚れていると感じた際には窓を開けて換気をするかと思います。しかし、ニオイやカーエアコンから出るカビっぽさは換気をしてもキリがありません。そんな状況を打開できるのが車内用の空気清浄機です。寒い冬や暑い夏に無理に窓を開けずとも、車内空気をキレイにすることができます。ニオイやカビっぽさに悩んでいる方は一度使ってみると魅力にハマってしまうかもしれません。

 

Blueair Cabin

ブルーエア空気清浄機Blueair Cabin

出典:amazon

適用畳数 清浄時間(8畳) 参考価格
3-4m³ \29,000

ヘッドレストにバンドで簡単固定できる仕様となっています。大きさは幅205x奥行き205x高さ97で、ヘッドレストより一回り小さいサイズで場所を取りません。シガーソケットに挿し込む部分にコントローラーが付いている為、運転しながらでの操作も簡単です。車載12V電源使用です。

わずか3分でセダンやハッチバックタイプの車であれば清浄できます。車内空気の汚れは安全性に繋がる要因になりますので注意したいですね!

 

 

 

 

7.まとめ

昨今、空気清浄機の必要性や人気が高まる中で、大小数多くの家電メーカーが空気清浄機業界に参入しています。日本を代表する大手家電メーカーも、各社特有の空気清浄機を開発しています。そんな中、空気清浄機を専業として作り続けてきたブルーエアは独自の最先端技術で高い性能を誇り、世界的シェアを獲得しています。日本の家電メーカーは性能に加えて多機能性を非常に重視している姿勢が伝わってきますが、ブルーエアの空気清浄機は空気清浄機としての性能に重きを置いていると感じます。

おそらくブルーエアの空気清浄機は、今後もしばらくは業界のトップを走り続けると思います。理由は単純にそれだけのスペックが備わっているからです。空気清浄機の世界市場は右肩上がりですので、ブルーエアの今後の更なる飛躍と革新的な技術に期待したいです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村







-家電製品, 空調家電
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おしゃれな電気ケトル紹介

おしゃれな電気ケトル!人気・一押しおすすめ商品を紹介!【2020年最新版】

  おしゃれな電気ケトルを探している方に向けた記事です。昨今、電気ケトル市場は国内メーカー・海外メーカーが多数参入していて、シンプルな電気ケトルからおしゃれでユニークな電気ケトルまでラインナ …

めざましカーテンモーニンプラス使用レビュー

めざましカーテン・mornin’plus(モーニンプラス)の使用レビュー!評判・口コミは?

  めざましカーテンmornin’plus(モーニンプラス)はご存じでしょうか。めざまし代わりになるスマホ連携型の自動開閉カーテンです。某有名人が使用していることで一時期話題にな …

除菌脱臭機とは|空気清浄機との違いを解説

除菌脱臭機とは|空気清浄機と除菌脱臭機の仕組みや効果の違いについて解説します!

  除菌脱臭機と空気清浄機の違いとは何でしょうか。同じような製品に思えますが仕組みや効果は異なります。除菌脱臭機について良く分からない人の為に空気清浄機と比較した上で各々の特徴と違いを解説し …

一人暮らしに除湿機は必要か

除湿機は一人暮らしに必要か|エアコン除湿との違いや除湿機を買うべき人の特徴を解説!

  除湿機は一人暮らしに必要なのでしょうか。除湿することの重要性や除湿機とエアコンの除湿との違いを解説します。エアコンの除湿機能で十分と考える人も、今一度除湿機は本当に自分に不要なのか考えて …

石油ストーブのメリットとデメリット

石油ストーブのメリットとデメリットとは?知っておくべき知識を紹介

  石油ストーブのメリットとデメリットについて紹介します。石油ストーブはひと昔前から日本中で活躍している暖房機の代表ですが、最近では見かけることも減ってきました。しかし、ある出来事をきっかけ …

キーワード検索

プロフィール

yuiya(ユイヤ)

家電・機器メーカーに勤務する開発エンジニアです。家電について役立つ情報を発信します。趣味として服・デザイン・旅行などバラエティ豊富に参入しています。学生時代から一人暮らしのため、一人暮らし向けの家電や生活改善家電、生産性向上製品の発掘を生甲斐としております。

yuiyablog #家電情報サイト