家電製品 空調家電

最新扇風機・タワー型の選び方とおすすめモデル!迷ったらこれ買えばOKのモデルも紹介!

投稿日:2020年6月22日 更新日:

タワー型扇風機の選び方とおすすめ

 

最近ではタワー型扇風機が人気を集めています。扇風機は古臭いとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、最新の扇風機はタワー型扇風機を筆頭にデザイン性が高くかつ省スペースであることから人気が急上昇中です。新しく扇風機の購入を検討している方・おしゃれな扇風機やタワー型扇風機の導入を検討している方へ向けておすすめモデルを紹介しますので参考になれば幸いです。

 

『扇風機って場所をとるし、片付けるにしてもかさばって邪魔なんだよね』

『見た目が古臭い感じがして、部屋の雰囲気を崩すから置きたくない』

って思ったことがある人、挙手してください。(はい!)

私も実は思っていました。

でもそれって、昔からある頭でっかちないわゆる『THE・扇風機』のことですよね。

↓こういつやつ

 

しかし違うんです。最近の扇風機はそれだけでは無いんです。

おしゃれでモダンな扇風機、そう『タワー型(スリム)扇風機』が脚光を浴びているんです!

 

この記事では
・扇風機が欲しいけどインテリア性にもこだわりたい人
・タワー型が欲しいけどどれを買ったらいいか分からない人

 

そんなかたに向けた紹介になります。

 

「私はタワー型よりも一般的な形の扇風機が良い!」っていうかたは、下記の記事も読んでみてくださいね!

扇風機のおすすめ・選び方!ACモーターとDCモーター良い点は?迷ったらこれ買えばOK!

 

 

 

 

1、タワー型扇風機のメリット・デメリット

それでは、タワー型扇風機の特徴をみていきましょう。

 

 ○ メリット
  • 省スペース
  • デザイン性
  • 収納しやすさ
  • 安全性
  • ファンにほこりが溜まりにくい

などが挙げられます。一つずつ補足していきますね。

 

・省スペース

タワー型扇風機は、土台部分が置けるスペースさえあれば設置ができますので、一般的な扇風機が置けないような狭い部屋でも設置が可能です。 脱衣所やトイレ、子供部屋などの小部屋の隅にもスッキリ収まります。

 

・デザイン性

一般的な扇風機と比べて全体的にスリムでモダンなデザインのものが多いため、部屋に置くだけでもインテリアとしておしゃれな空間を演出できるのも魅力の一つです。

 

・収納のし易さ

省スペース性から波及する内容になりますが、夏が過ぎて扇風機を片付ける際に、一般的な扇風機だとそのままではかさばるため、わざわざ分解して箱に戻しているという家庭も多いのではないのでしょうか。

タワー型では縦に細長いためクローゼットの隙間にそのままいれることもできて、省スペースで収納できることが大きなメリットの一つとなります。

 

・安全性が高い

回転する羽が内部にあるため、子どもなどが誤って指を入れて怪我をしてしまう危険性も非常に少ないです。

 

・ファンにホコリが溜まりにくい

タワー型では本体の裏側にあるフィルターにホコリが溜まる構造になっているため、羽そのものにホコリがたまりにくいようになっています。

面倒くさがりな私としても嬉しい機構です。

 


 

 ✕ デメリット
  • 風量が弱い
  • 手入れがし難い
  • 騒音が大きい

あまりこれといったデメリットは少ないのですが、挙げるとしたらこのような点になります。

 

・風量が弱い

頭でっかち扇風機と比較すると、羽自体の大きさが小さくなることに加えて、内部構造が複雑にことから送風の圧力損失が大きくなります。そのため、吹き出す風量は比較的弱くなる場合が多いです。

 

・手入れがし難い

ファンにホコリが溜まりにくいというメリットの反面、本体構造が複雑であればあるほど、各部位の掃除などの手入れがしにくいというデメリットもあります。

あまり気にならない程度だと思いますけどね。

 

・騒音が大きい

一般的な扇風機と比較すると、運転音(送風音)が比較的大きいです。

というのも、羽の大きさが小さいことが起因して風量が出にくいため、ファンの回転数を多くせざるを得ないからです。

ただし、最近ではかなり静音化を意識したモデルが多くなってきたようです。

 

2、タワー型を選ぶ際のポイント

どの機種を選ぼうか迷った際には、以下の点に注意して決めて頂きたいです。

  • 高さ(利用シーンに適したもの)
  • 上下方向の角度調整が可能かどうか
  • 横方向の角度調整幅
  • 騒音値
  • 暖房機能の有無 《番外編》

これらの点がポイントになります。

 

・高さに注目(利用シーンに合わせる)

タワー型は送風口が縦に長いため、送風する範囲も縦方向に長くなるのがメリットではありますが、一般的な扇風機のように上下方向の角度調整ができない仕様となっているものが多いです。よって、普段の利用シーンをイメージして、適した高さを選ぶことが一つのポイントになります。

 

ちなみに一般的に人気なモデルでは高さ80cm程度が多いようです。

もっと高さが欲しいと感じるのであれば、100cm程度の高さがあるモデルもあります。脱衣所などは基本立ったままで過ごすことが多いと思うので、より高い方がお勧めですね。

 

・上下方向の角度調整が可能かどうか

ポイント①でも触れましたが、基本的に上下の風向を調整できないものが多いですが、利用シーンを考慮した場合に上下方向に角度調整が必要だなと感じるのであれば、上下調整可能なモデルを選ぶべきです。

 

・横方向の角度調整幅(スイング幅)

スリム型では横方向の角度調整を得意としていますが、そのモデルによって可変幅は異なってきます。現在の各社ラインナップを見ると最大調整角度が60°~270°程度とピンキリですので、気になる方は要チェックです。

 

・騒音値

運転時の音が小さい方が良いと思うのであれば、DCモーターを搭載した扇風機をお勧めします。DCモーターを搭載しているモデルは、ACモーター搭載機種よりも風量調整が細かくできるため、非常に小さい風量での運転も可能になります。寝るときにも使用したいという場合はDCモーター搭載モデルを選ぶことをお勧めします。

ただし、「DCモーターだから静かである」というのは全くのウソで、回転騒音の大きさは羽形状などの構造によって決まりますので、ACモーター機種でも静かなものもあります。選ぶ際には、仕様欄に記載されている騒音値(dB)を見て比較しましょう。

 

・暖房機能の有無 《気になる方だけ》

ちょっと番外編になりますが、暖房機能を搭載したタワーファンもあります。

有名なのがダイソンの羽根のない扇風機ですね。夏から冬まで通年の使用が可能であるので、価格は高めでも非常に価値がある扇風機として注目を浴びています。

 

3、おすすめモデル【迷ったらこれ】

個人的におすすめなモデルを紹介します。Amazonや楽天の人気ランキングも考慮したうえでのおススメモデルになりますので、迷っているかたはコレ買っておけばOKです!(自信あり)

 

【アイリスオーヤマ】タワーファン TWF-M73

◎売上人気ランキング1位!コスパ最強のタワー型扇風機!迷ったらとにかくコレでOK!!

品質の高さと価格の手頃さからAmazonでも絶大な人気を誇るタワー型扇風機です。価格の安さはタワー型の中ではトップクラス。風を送れる面積が広いのが特徴で、約8m先まで風が到達するほどの送風能力を有します。左右に角度65°の自動首振り機能も搭載しており、スイングしながら部屋の隅まで風を届けます。重さは約3(kg)と軽量で持ち運びも楽。この値段でここまでできるのかと驚くのも無理はないでしょう。初めてのタワー型としてもおすすめします!

 

↓公式サイト【アイリスプラザ】で購入したいかたはこちらからどうぞ!

アイリスオーヤマ公式通販サイト

 

【日立】扇風機DCモーター  HSF-DC930

価格OK!機能OK!省エネ性OK!使いやすさ満点!

扇風機に欲しい機能が全てこの1台に詰まっています。消費電力は最大風量時でも18Wと非常に小さい電力。温度センサーを備えていて室温に合わせた風量の切り替えが可能。おやすみモードでは風量が徐々に小さくなっていく仕様で便利。取り外し可能な吸気フィルターのためお手入れが楽。何をとっても文句なしのモデルです。


 

 

【ダイソン】 Pure Hot + Cool Link HP03WS

夏も冬も大活躍!涼風+温風で通年使用可能!デザイン性も最高峰!なんと空気清浄まで☆

選ぶポイントでも紹介しましたが、涼風も温風も出せる扇風機になります。空気を洗浄しながら涼風と温風の切り替えが可能。Dyson独自の「Dyson Linkアプリ」を併せて使用すると、部屋の空気がどのくらい汚れているのかしっかりとチェックすることができる。スタイリッシュな見た目もさることながら、超高機能で使いやすい製品なのでおすすめです!


 

↓ダイソンの公式サイトから購入を考えている方はこちらからどうぞ!
ダイソン公式通販サイト





まとめ

最新の扇風機は多種多様化が進んでいて、デザイン性の高いものも人気を集めています。性能よりも見た目を重視したいというかたはデザインだけで選んでみても良いかもしれませんね。

 

オシャレにカッコよくタワー型扇風機で夏を乗り切りましょう!



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-家電製品, 空調家電
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

エアコンの選び方

エアコンの選び方!迷ったらここを見て選ぶだけでOK【初心者】最新おすすめ

  エアコンを新しく購入する際に選ぶポイントは簡単です。エアコンに全然詳しくない人でも簡単に選ぶポイントだけ絞って適したものを選びましょう。こだわりがない人やとりあえず急いで買わなければいけ …

サーキュレーターアイの商品レビュー

【サーキュレーターアイ】の商品レビュー!アイリスオーヤマの大人気サーキュレーターの評判は?

  「アイリスオーヤマのサーキュレーターアイって家電量販店やネット広告でよく見かけるけど実際の評判はどうなの?」と気になるという方に向けたレビュー記事です。我が家では以前まで扇風機のみ使用し …

アポセンとは

APOSENってどこのメーカー?コードレス掃除機の評判について紹介

  APOSEN(アポセン)という家電メーカーをご存じでしょうか。主にコードレス掃除機を扱っている新しいブランドです。一体どこの国のどんな会社なのか、また、商品の評判はどうなのかをまとめて紹 …

DELL_Inspiron14

【DELL】Inspiron 14 5000(5490)使用レビュー《初心者向け》お得な購入方法も紹介!

  DELLのInspiron 14 5000(5490)のレビュー記事です。DELLのノートパソコン全般やInspiron 14 5000(5490)を購入検討中の方の為にまとめました。大 …

ダイニチの石油ファンヒーター

石油ファンヒーター・ダイニチの特徴とおすすめモデルを紹介!

  ダイニチ(dainichi)の石油ファンヒーターを購入検討している方に向けたお役立ち記事です。ダイニチといえば石油ファンヒーターを代表するメーカーブランドですが、いざ購入しようと思うと機 …

新しい記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031